ゲームや海外ドラマの感想を中心に色んな話題雑談を書いてます、ネタバレ有りです。

ゲーム・オブ・スローンズ 第三章:戦乱の嵐



ゲーム・オブ・スローンズ 第三章:戦乱の嵐-前編- [Blu-ray]

監督:デイヴィッド・ベニオフ
出演:ピーター・ディンクレイジ
価格:¥6,468 (2015.05.14時点)
時間:510分

発売日:2014.09.03
個人的にS2までは常に75点ぐらいの、世界観だったり設定だったり、個性的なキャラクターこそ良くても
肝心の物語自体は良くも悪くもなく、という印象だったんですが、正直S3はかなり面白かったです。
相変わらずスターク家に何か個人的な恨みでもあるのか、と思えるぐらいエグイ展開が待っていましたが、
振り返って「そういえば」と思った点として、S3は過去2シーズンに比べると性描写が極端に減ったので、
意外とこれも良い印象を与えるのに一役買っていたんじゃないかなと思いました。
俳優的には流石に年月を経た事でブランが既に子供には見えなくなってきてしまいましたけど、そういえば
劇中での時間経過が全く分からないので、この辺りでS1初回エピからどの程度の時間が経過したのか、
も描いてくれると嬉しいかなーと、戦が起きているので相当な時間は経過してるんでしょうけど実感が。

▼結局サンサはどうしたいのか分からない
S2終盤ではチャンスがありながらも王都へ自ら留まったのに、今回ベイリッシュ公に国へ戻りたい、
と懇願したり、マージェリーから兄との結婚を提案された際に、S1でロラスに惹かれている描写こそ
ありましたけど王都からの脱出も含めて喜んでいたり、結局サンサは何故S2終盤の時点ではまだ王都へ
残ろうと思ったのに、直接続くS3では王都からの脱出を望んでいたのかが、個人的には全く分からず。
別にサンサのこの行動が原因で誰かが死んだ、とかは無いので、そういう意味では迷惑をかけてませんし、
どうやらまだ14才のようなので、年齢的に考えると仕方ないですが、あまりにも考えが変わりすぎというか。
この場合、更に妹のアリアが非常にしっかりした性格なので余計そう思ってしまうんでしょうけど。

▼シオンは最終的にどうなるのか
「本当の父は首をはねられた。俺は道を…選び間違った…」と、S2でロブに反旗を翻した理由が遂に今回
確定しましたけど、父親に認めてもらいたいが為に後戻り出来なくなったのは見てても分かりますし、
特にシオンの場合はそもそものスターク家へ連れてこられた経緯なんかを考えるとあまりにも可哀想ですが、
だからといって、やはり無関係な孤児を二人、自分も世話になったルーウィンが死ぬ原因を作ってしまった、
という二点だけは、これはもう死を持って償わなければいけないレベルの出来事なので、そういう意味では
全く同情の余地は無いものの、S3のシオンはまず拷問、姉の配下が逃してくれたと安堵したらまた拷問、
ヤバイと分かりつつも下半身に逆らえず裸のねーちゃんと乱交しようとしたらまた拷問、しかも性器切断、
極めつけにシオン本人は知らないものの父親からは完全に見放されるという、流石にちょっと悲惨すぎる展開。
というかもぅシオンの俳優さんがS3たまらんだろうと、拷問されて性器切断されるのが出番の9割とかいう。
展開的にシオンが今後どうなるのか、に関しては正直かなり楽しみです。
前述のように、既に取り返しのつかない罪を犯してしまっているので、最終的には恐らく死ぬと思いますが、
既に謝罪すべきロブもおらず、ネッド同様正しく育ててくれたであろうキャトリンも死去。
展開や設定的にブランやリコンと交わる事はないでしょうから、スターク家の為にラニスター特攻かなーと。

▼ジェイミーは何故ブライエニーを助けたのか
「1年も歩いてると」とジェイミーは言ってましたが流石にこれは冗談だと思うので、劇中で確定描写が
無くとも相当な期間一緒に行動しているでしょうから、当然ある程度以上の情がわいたとか、流石に
レイプされるのは可哀想とか色々あるでしょうけど、個人的には、王の横暴な態度で無関係な市民が死ぬのを
黙って見ていられずに王を殺した、という程真面目な王の盾を以前は務めていたぐらいなので、
ここはやはり騎士としての本分を果たしたというか、やはり「女性になんて乱暴を」的なアレなのかなーと。
本人が言うように、ジェイミーはティリオン同様皮肉を言ったり周囲に対してナメた態度を取りつつも、
騎士としての行動が描かれていた序盤は文字通り普通に騎士として行動していて、本人も言っていたように
サーセイ以外の女性と行動を共にする素振りすら見せていなかったので、マジで騎士として女性に手を出す、
という暴行を見かねてブライエニーを助けたんだろうなーと。
本人としては殺したかったでしょうに、S1でネッドと決闘をして優勢だった時も部下が後ろからネッドを刺す、
そんな行動をした事で「決闘なのにこれは公平じゃない」としてネッドにトドメを刺さなかったぐらいなので、
騎士としての名誉だったりには相当なプライドと重きを置いている感じですし。

▼だがしかしジェイミーが流石に可哀想
確かにブランを突き落とした張本人ですし、逃げる為に同じラニスター姓の従兄弟と見張りを殺したりと、
決して褒められない行動もありましたが、ブライエニーを助ける為に行動したのに右手を失うとかいう末路。
しかも視聴者視点で見るとS3で初めて出てきた、正直誰かも分からないような人物に手を切断されるという。
意外と世の中そんなもんというか、この辺りは非常にリアルで、実際こういういかにもDQN的な突発で登場した
キャラに人体欠損、或いはしょうもない流れでメインキャラが殺害される、とかは無駄にリアルなので、
ホントある意味では非常に自然な展開で、良識のある人物のほうがこういう時は大事な人物や人質に
余計な危害を加えれないものの、こういう粗野な人物だと当然今のことしか考えないので、特に問題のない
行動を取ったのに、その何気ない行動がそのまま死に繋がってしまったり拷問を食らうハメになったりと。
この作品の凄いなと思うのが、例えばS1初回エピソードのサーセイや、このジェイミーの腕を切断した人物、
視聴者視点で見れば、これはもうはっきり言って「今すぐ誰かコイツを殺せ!」と思わずにはいられない
キャラクターとして描写されているのに、中々正義の鉄槌が下されないうえに、例えばジェイミーなんかは
ブライエニーを襲っていたクマの前にこの男を突き落とす、とかも出来たのにそうはしなかったりと、
この辺りまでリアルに作られているせいで、なんともフラストレーションが。

▼カースタークの処刑は正しい
中盤で、ジェイミーの親戚というだけでラニスター家に仕えているまだ14歳の従士を二人も殺すという
憂さ晴らしにしてもひどすぎる蛮行に出たカースタークをロブは処刑しましたけど、これは正しい決断だなと。
カースタークが言ったように、確かにジェイミーを独断でキングズ・ランディングへ移送させたキャトリンも
大概問題ですが、カースタークは殺しをやってるうえに、事実上無関係の人間を殺すという許されない行為。
戦いを終わらせる為にはカースタークの軍力はどうしても必要で、同じ北部の人間、少なくともラニスターと
長期に渡り続いている戦が終わるまでは必要なので今殺すわけにいかない、しかもラニスターの人間を
殺したと知れれば「ラニスターは借りを返す」なので報復が必至、嘘は吐かずとも従士殺害は黙っていれば、
と周囲は言うものの、ロブは父親を殺された事に対しての正義の戦いを挑んでいるわけなので、やはり
死には死を持って償わなければならない、としてカースタークの処刑を決断。
死の直前まで恨み言を言うカースタークを相手に、ロブは八つ当たりなどはせずに処刑して、結果的に
真面目な行動が原因で自身も死ぬ事になってしまったとはいえ、戦力を補填する為にフレイ公に件の結婚を
正式に謝罪して、という誠意まで見せたので、ロブは急遽王をやる事になったのに、状況や立場を考えても
行動がもぅめちゃめちゃ立派というか、ホントに行動で示してくれるタイプなので王としては非常に立派。

▼正義を重んじる人間が悲惨な末路
よその女との間に子供を作ったネッドのどこが正義の人なのか、と言われると何とも反論出来ませんが、
劇中でラニスターの人間にまでその性格と行動が讃えられていたネッド、そしてその息子であり、
確実にネッドの精神を受け継いでいたロブ、この二人が何も遂げる事が出来ずに殺されてしまった、
というのがあまりにも不憫というか、結局世の中そんなもんですけど、あまりにも報われない最期。
現実世界でも作品の中の物語でも、どうしてもこういった真面目で正義や義を重んじるタイプの人物は
部下や周囲には評価されて、それ以上に敵からの評価も高いものの、自身の周囲に存在する問題のある
人物や長いものには巻かれろ的なタイプに裏切られ非業の死を遂げるケースが多いですが、それにしても…。
最終的には、物語の流れ的にはアリアかジョンがラニスターへ復讐を果たして北部でスターク家を再興、
という流れで幕を閉じるとは思うんですが、ネッドに続き、ロブまであまりに報われない死で悲惨すぎる…。

▼衝撃の犠牲者数は過去最高
ネッドに関しては、何の前知識が無くともS1終盤で恐らく殺されてしまうんだろうな、と予測出来る流れで
描かれていたのでそこまで衝撃ではなかったんですが、このS3は全く予想すらしていなかったキャラが
尋常じゃない勢いで殺されていったので、久しぶりに「うえぇ!?」となりました。
タリサはなんとなく悲惨な殺され方をするんだろうな、とは思ってましたが、実際悲惨でしたけど続く勢いで
ロブとキャトリンまでゴミのように殺されたのには固まってしまいました、マジかよと。
同様に、本編ではそこまでの存在ではなかったものの、S1の初回エピから定期的に登場していた娼婦ロス、
このロスが無残な殺され方をしたのは流石に衝撃でした、個人的にはロブの殺害並にショック。
また、劇中の登場人物からは恐れられていたベイリッシュ公が、視聴者視点で見ると色んな局面を見れるので、
ベイリッシュ公と言えばキャトリンに対する好意もあって比較的スターク家に友好的な態度で有利に働く
行動も取っていて、そこまで悪い人物としては描かれていなかったのに、その人物が、恐らく殺されると
分かっていながらジョフリーにロスを的として差し出して予想通り殺される、とかいう考えられない結末。
残念ながらロスはヴァリス公のスパイになった、という以外では既に物語上の役割を終えていたので、
そういう意味では退場も仕方ないんですが、S3は個人的に思わぬキャラの退場が多くて衝撃でした。

▼感想まとめ
全く出なかったわけではないものの、今回はS2と違い横に広がって新規勢力が登場し、という事が無く、
横に広がり横を片付けただけ、という印象の強いS2とは真逆で、完全にストーリーが進行していた、
というのがまず良かったです、単純に面白かったうえに少なからず色々と物語が進展。
ただ、相変わらずコレ必要か、と思える展開や描写が多かったのだけが少し気になりました。
結局クラスターやモーモントは今回死んだので、この二人に関連する描写必要だったのか?と思ってしまい、
今までに比べると軍勢を恐ろしく増強しているものの相変わらずデナーリスは完全に単独展開。
本編が今回は面白かっただけに、余計に、本編に現時点では無関係な要素が少し気になったかなーと。
S2ラストで期待させたホワイトウォーカーなんて全くと言っていい程絡んでこなかったのも肩透かし感抜群。

逆に、相変わらず本編に絡まない事このうえなかったものの、デナーリスなんかは良かった印象も。
横暴な親方の元から穢れ無き軍団を解放するのは優しい事ですが、まさかのドラゴン一匹と交換でどうか、
と自分から持ちかけておいて、ちゃんと約束は守ったもののその直後に親方を殺してドラゴンを回収という、
別に嘘は吐いてないですし約束も守ったので卑怯ではないですが、圧政を敷いたというターガリエンの
王族らしい性格になってきたので、この辺りは見ていて面白かったなーと。
遂に配下の兵士まで手に入れたので、勢力として強大になってきたという事を考えると、デナーリスが
本格的に本編に絡んでくるのは、事実上この物語が終わるラストしかないような気もするのでアレですが。

相変わらず「ここがちょっと」と感じる部分もあったものの、S3は個人的に非常に楽しめました。
今まで同様S3になって初めて出てきたキャラクターが重要人物で尺を取られたり、流石にシオンの拷問に、
映像的にそこまで時間を使わなくてもいいのではないか、と思った部分もありましたけど、全体的に、
今まで描かれていたキャラクター同士の進展だったり、展開の進展だったり「そこが見たかった」という
部分が結構重点的に描かれていたので、見ていて満足感というか、充実感が強かったなーと。
キャラクター数が多い事で物語の進展自体は相変わらず遅いですが、S3は全体的に満足な内容でした。
スポンサーサイト
2015-05-14 : 海外ドラマ : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

見解がかなり甘くないですか
まだ三章までしか見ていないのですが、、
まず、ロブがカースタークを処刑したのは間違いです。
カースターク家が離れたという結果論ではなく。戦い以外で人を殺したから処刑になったわけですよね?ならば、檻の中で騙して敵味方を2人殺したジェイミーを処刑しないのはおかしくないですか?
敵に非常に甘く、身内に冷たいバカじゃないですかね?ロブは。
2017-04-06 08:30 : けい URL : 編集
Re: 見解がかなり甘くないですか
はじめまして、コメントありがとうございます。
と同時に返事が遅れて申し訳無いです。

S3を見たのが結構前なので、細かい会話の流れだったりを覚えていない為、
全く的外れな事を書いてしまった場合は申し訳無いんですが、個人的にはやっぱり
カースタークの処刑は正しかったのではないかな、と思ってます。
当然人それぞれ考え方は違うと思いますし、劇中でロブも語っていたように、
独断でジェイミーを檻から出して、ブライエニーが護送していたとはいえ勝手に
キングズ・ランディングに向かわせたキャトリンも勿論論外ですけど、それでも
非戦闘要員を私怨で殺してしまったカースタークは処罰しないと、
部下の暴走に罰を与えない上官という事になりますし、示しという面でも
基本的には処罰しないといけない場面だったのではないかなと思います。

けいさんの仰るように2人殺しているジェイミーに処罰無しは良くないですし、
そもそもそのジェイミーの行動がキッカケでカースタークは行動を起こしたものの、
ロブの立場としては処罰しないわけにはいかなかったのではないかなーと。
あとは、単純にジェイミーに関しては人質としての価値が大きすぎるので、
私情や示しを抜きに、政治的理由でも処刑は難しいところがあると思います。
ならカースタークは処刑してもいいのか、というとこの場合話は違いますけど、
少なくともジェイミーに関しては処刑出来ない側面もあったかなーと。
2017-04-09 16:22 : ざくろ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ざくろ

Author:ざくろ
現在プレイ中のゲーム
据置機 バイオハザード リベ UE
携帯機 
zakuromt@yahoo.co.jp

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

今月鑑賞予定映画

10.7 ブラッド・スローン


10.13 猿の惑星:聖戦記


10.13 アナベル 死霊人形の誕生

10.20 アトミック・ブロンド


10.27 ゲット・アウト

今月のオススメ

個人的オススメ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

来客者様

フリーエリア