ゲームや海外ドラマの感想を中心に色んな話題雑談を書いてます、ネタバレ有りです。

13の理由 第08話 「カセット4:B面 -Tape 4,Side B-」

今回はまるで接点が無さそうだったライアンのエピ、同時にクレイが色々と事実を知り始める展開。
しかしホント今更ながら、最初のジャスティンとの出来事からどの程度の月日での出来事かは不明なものの、
マジでハンナの運の悪さというか、特に交友関係における運の悪さは尋常ではないものがあるよなーと。
前回のエピで明かされてましたけど、引っ越しする前の学校でも嫌がらせを受けていたようですし、
いざ引っ越したこの町でもまた親しくなる友人に片っ端からダメージを受けさせられるという。
今回はまだ「この子の詩は好きだけど、友達にはなりたくない」というクレイの微妙にショックを受ける
発言こそあったものの、それでもクレイが詩を褒めてくれた事はハンナ自身も嬉しかったと思うので、
前回までに明かされた他の人物と違って、まだクレイのおかげで多少救済された感じはありますが。

▼流石にライアンはひどすぎる
ハンナは詩のクラブでライアンに最高のケツに関する不満を申し立てていたのに、ハンナの承諾をえず、
勝手にハンナの詩を学校新聞に掲載して「ハンナが書いた詩」だと一部の生徒に知られるという結果に。
クレイですら今回最後の最後でようやくハンナの字だと気付いたぐらいなので、ハンナと仲の良い友達でも
気付いていない人は居たものの、それでもこれはハンナにとって相当な衝撃だったでしょうし、
またキツイのがライアン自身が後日問い詰められても全く反省もしていなかった、というのが。
普通に詩のクラブの友人として付き合う分にはライアンは良い友人だったものの、ハンナが評したように、
自分中心のタイプなので「これは公表して皆が読んだほうが絶対に良い」とマジで善意での行動なのが
またエグイというか、よくいう悪意のない悪意が一番ヤバイという感じで。
ただ、知らなかったとはいえ、正直この件でハンナにトドメを刺したのは国語教師のほうでしょうか。
教室の雰囲気やマーカスの咳払いしつつの「ハンナ」という呟き、ジェシカがちらっとハンナを見たり、
授業中の雰囲気でハンナが詩を書いた本人では、というのは十分気付ける範囲だったのに、その辺りは
詩の朗読に集中していたからか全く気付かず、結果的に、知らずにハンナに恥ずかしい思いをさせ続けた、
というのは、勿論教師はマジで知らなかったんでしょうけど、結果論ありきだとトドメになったなーと。
スポンサーサイト
2017-04-17 : 海外ドラマ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

ざくろ

Author:ざくろ
現在プレイ中のゲーム
据置機 仁王
携帯機 
zakuromt@yahoo.co.jp

ツイッター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

今月鑑賞予定映画

4/1 ハードコア

4/14 グレートウォール

4/14 パージ:大統領令

4/29 フリーファイヤー

今月のオススメ

個人的オススメ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

来客者様

フリーエリア