ゲームや海外ドラマの感想を中心に色んな話題雑談を書いてます、ネタバレ有りです。

2015年まとめ 映画編

今年の映画事情も振り返ってみたいと思います、例によって「今年見た」であって「今年公開」ではないです。
太字が「日本で今年公開」の作品で、洋画邦画アニメ全てごちゃまぜ、見辛いと思いますがご容赦頂ければ。
日本未公開に関しては「今年BDやDVDが発売された」を便宜上今年公開という扱いにしてます。
映画は好きなものの、相変わらず劇場へは足を運ばずBDやDVDで、というタイプなのは変わってないです。
ゲーム同様太字が「今年公開」の映画です、今年発売されても公開が去年の場合は太字にはしていないです。

神 ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション
S ベイマックス アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ ミニオンズ マッドマックス 怒りのデスロード
  インサイド・ヘッド ヒックとドラゴン 2
A 依頼人 アメリカン・スナイパー チャッピー メアリーと秘密の王国 トラッシュ! 猿の惑星 新世紀
  ゲーム・プラン キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン シェフ 三ツ星フードトラック始めました あと1センチの恋
  ハッピーエンドが書けるまで ビリギャル ラン・オールナイト ミリオンダラー・アーム
  キャスト・アウェイ フライトゲーム ペントハウス デンジャラス・バディ トロピック・サンダー
  リトル・ミス・サンシャイン イコライザー セッション マダム・マロリーと魔法のスパイス オーバードライブ
  神さまの言うとおり Mr.インクレディブル ブルー 2 トロピカル・アドベンチャー カリフォルニア・ダウン
  メン・イン・ブラック 3 シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~ ヘラクレス 47RONIN
  スコット・ピルグリムVS邪悪な元カレ軍団 ゲットスマート REC 4 ワールドエンド
  ジャッジ -裁かれる判事- ビッグ・アイズ イミテーション・ゲーム きっと星のせいじゃない
  メイズ・ランナー ビッグゲーム 大統領と少年ハンター ターミネーター ジェニシス
  トゥモローランド ザ・ゲスト
B アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン ゴーストエージェント キングスマン
  エクスペンダブルズ 3 ワールド・ミッション エンド・オブ・ザ・ワールド 96時間 レクイエム 美女と野獣
  インターステラー サンバ ナイトミュージアム 3 エジプト王の秘密 ファミリー・ツリー
  ブラッド・ダイヤモンド ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー スノーピアサー
  マリーゴールド・ホテルで会いましょう パージ パージ:アナーキー トワイライト ~初恋~
  シンデレラ GODZILLA ブルージャスミン マラヴィータ ロッジ アナベル 死霊館の人形
  ザ・ウォーカー Lucy ジェサベル ブラック・ハッカー パワーゲーム ドラキュラZERO ランナーランナー
  メン・イン・ブラック 2 NY心霊捜査官
C るろうに剣心 伝説の最期編 オープン・グレイブ-感染-

全86本、今年公開の映画は32本、内訳としては、洋画 = 74本、邦画 = 3本、アニメ = 7本。
去年は仕事が忙しい事もあり、どうしても時間の兼ね合いで春先までと年末に集中して映画を見てたんですが、
今年は年間を通して映画を見れて、しかも個人的に面白いと思える数が過去最高で、ゲーム同様映画の
超大当たり年という感じで最高の一年でした、今年公開のも、たまたま今年見た映画もほとんどが面白く。
特に今年は、こんな言い方はアレですが期待せずになんとなく見てみた、好きな俳優が出てるから見てみた、
というレベルで「なんとなく見た」の映画で面白いのが多かった、というのが何よりも大きかったです。
当然ですけど、誰しも期待してて失敗だとダメージが大きく、逆のパターンだと好印象が更に上がると。

個人的な好みで言えば、ジャンル的にはホラーが一番好きなものの今年は少しホラー映画の数自体が少なく、
公開本数もリリース本数も決して多いとは言えなかったので、そこが少し残念だったという感じでしょうか。
期待していたREC4なんかは楽しめたものの、同様に期待していたジェサベルやアナベルはあまり面白いとは
言えない出来栄えだったので、その辺りの不完全燃焼感もあるかなーと、やっぱり期待していると微妙な事に。

なんにせよ、ゲーム同様大満足な一年でした、面白かったとか良かったという以上に満足感の強かった一年。
去年までと違い少し時間に余裕が出来たので、来年は数年ぶりに映画館にも足を運ぼうかなと思ってます。
キャプテン・アメリカの新作やシャーロックなど、超期待している作品がいくつかあるだけに、レンタル開始を
待つのではなく、久しぶりに劇場へ行こうかなーと、今年も当初は行く予定だったものの結局時間が取れず。
映画は毎年ある程度の満足感を得られてるんですが、来年も今年同様良い一年になる事を期待。
スポンサーサイト
2015-12-31 : 年末まとめ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2015年まとめ ゲーム編

年末お馴染みの「今年面白かった◯◯」のまとめを今年も書いてみようと思います、まずはゲーム編。
例年通り「今年プレイしたゲーム」であって「今年発売されたゲーム」というわけではないです。
太字で表示されているものが今年発売のゲーム、それ以外は去年以前に発売されたゲーム。
格闘ゲームにありがちな神SABCD的なダイアグラム風に表記しようと思います、左の方が優先順位高め。
強いて言えばBランクが普通扱いです、B以下は個人的に水準以下に感じたゲーム、という風な感じで。

神 ウォーキング・デッド ウィッチャー3
S エスカ&ロジーのアトリエPlus トゥームレイダー ディフィニティブエディション トロピコ5
A 魔装機神F ドラゴンクエストヒーローズ Bloodborne Dying Light エイリアン アイソレーション
  アンティル・ドーン
B バイオハザード リベレーションズ2

見辛くて恐縮ですが、個人的にはこんな感じでした、全12本、数としては去年の丁度2倍。
内訳は機種別に、PS4 = 9本、PS3 = 1本、VITA = 2本。
ジャンル別は、AVG = 2本、RPG = 2本、SRPG = 1本、ATC 3本、FPS = 2本、SLG = 1本。
クリアしてスタッフロールの流れるEDまで到達したゲームは12本中12本で全てクリア、売ったソフトは2本。
トロフィー対象ソフトでコンプしたのは11本中7本、オンライン必須ゲームはあとオンライン関連のみ。

現時点でまだアンチャーテッドコレクションをプレイしているので、実質プレイしたゲーム、
という点に関して言えば13本ですが、今年はやはり年明けにPS4を購入した事で、色々やりたい
ゲームが上手い具合にテンポ良く発売してくれて、非常にありがたい事にどのゲームも最後まで
楽しくプレイさせてもらう事が出来た、というのが何よりも大きかったなーと、とにかく面白かった。
個人的に初めてオープンワールド、FPS、共に過去何本かプレイした事はあるものの好みに合わないのか、
どのゲームもダメだったんですが、ウィッチャー3やDying Lightという素晴らしいオープンワールド、
同様にDying Lightとエイリアン アイソレーション、FPSでも初めて面白く最後までプレイ出来たりと、
長年ゲームをやってきて初めて最後までプレイ出来たジャンルのゲームに出会えた、というのも非常に
大きい収穫だったなーと、おかげでオープンワールドとFPSの毛嫌い感を払拭出来たのはありがたい限り。

他にも、近年和ゲーがどうしても押され気味で、残念ながらゲームの質自体も洋ゲーに比べると最近は
見劣りしがちになっていたのに、移植ゲーではあるもののエスカ&ロジーのアトリエPlusは、これはもう
個人的にアトリエシリーズ史上過去最高に面白いソフトで、文字通り久々に寝る間を惜しんでプレイして
一気にトロフィーコンプまでやらせて頂きましたし、何気にPS4購入の決め手になったドラクエヒーローズ、
これも確かに単調なゲームと言えばそれまでなもののトロフィーコンプまで楽しくプレイ出来たりと、
和ゲーでここまでの面白さを感じさせてもらえるゲームに出会えた、というのも嬉しかったです。
特に期待せず丁度時期的に空いていたから、という理由だけで購入したBloodborneも歯応えのあるゲームで
楽しめましたし、洋ゲーでも同様になんとなく購入したトゥームレイダーが尋常ならざる面白さ。
以前Xbox360で発売された時にも購入を迷っていたトロピコ3の最新作5がこれまたノリの良い曲の後押しも
あり無茶苦茶面白いゲームで、更にそこまで期待せず購入したVITA版のウォーキング・デッドが、
これがもうシナリオの良さが半端ではなく没頭させられ、ウィッチャー3の異常な完成度に震えたりと、
今年は個人的にゲーム超大当たりの一年でした、とにかく年明けからずっと楽しい一年でした。
個人的に上半期が仕事的に時間の余裕が出来て数年ぶりにゲームをしまくれた、というのも大きいんですが、
とにかく久しぶりにゲーム漬けの一年を送れて、満足感の強い一年でした。
中々毎年そう上手くもいかないとは思いますが、来年も素晴らしいゲームライフが送れる事を期待。
2015-12-30 : 年末まとめ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ウォーキング・デッド S6 第08話 「雪崩 -Start to Finish-」

折り返しとなる中休み前の前半最終エピソード、折り返しとなるエピソードとしては初めてメインキャラでの
犠牲者が誰も出ないという意外とレアな内容にな…まぁディアナはこの場合メインキャラにあらずという事で。
展開的には非常にイイところで中断してしまったものの、なにか、個人的にはそこまでの盛り上がりではなく
普通に終わったなという印象でした、今回は状況の割に会話パート中心で意外と危機感が感じられなかった、
というのもあっての事かもしれませんが、ホント意外と普通に終わったなーという印象。
珍しいという点ではリック側にゲイブリエルが来たので、次回はゲイブリエルが少し楽しみでしょうか。
わざわざリックと行動を共にする状況になったので、良くも悪くも今回の窮地でどういう役割を果たすのか期待。

▼今回は優れた演出が連発
まさか赤ちゃんは殺さないだろう、というメタ的な視点も実際あるにはありますけど、それでもリックが
ジュディスの泣き声を聞き2階に上がると突然泣き声がやんで、ウォーカーに噛まれたディアナの姿が見えず、
静かにジュディスの居る部屋に入るとディアナが這いつくばるような感じでベビーベッドに手を、という
この不穏極まりない演出は非常に良かったなーと、前述のようにまさか無いだろう、とは思いつつも雰囲気の
作り方が抜群に良かったですし、場合によってはディアナのウォーカー化、ぐらいはあるだろうなという。
他にも、サムが「怪物が来たの…?」とジェシーに尋ねた直後、サムの目に飛び込んでくるのが自分の父親を
殺したすげー表情のリックと鬼気迫る顔をして刀を背負っているミショーン、とかいうこの演出がなんとも。
壁が破壊されて大量のウォーカーが町に入ってきた、という危機的状況なだけでなく、演出面も今回は非常に。

▼今後モーガンに罰は下るのか?
肉体的精神的どちらでも構わないんですが、果たしてこの先モーガンに罰は下る事があるのかという疑問。
いわゆる通常な世界においてはモーガンの考えは正しいというより、むしろ普通だと思いますし、極端に言えば
悪人とはいえ改心する可能性はあるわけなので、被害者家族や近親者以外は「まぁ一度ぐらいのチャンスなら」
という心情になるのは決しておかしな事ではないものの、結局今回もまたモーガンのせいで…しかもキャロルと
戦闘して油断していたとはいえ、それも含めてモーガンのせいで現時点では代えのきかない非常に貴重な
デニースが連れ去られてしまい、少なからず昏倒させた事で一時的にこの状況にも関わらずキャロルが離脱、
ここまでのダメージをアレキサンドリアの住民全員に背負わせてしまったのに、恐らく反省の色は無し。
S6まできて、今更モーガンのような性格のキャラクターを投入した以上は、言葉は悪いですが今後も死なずに
モーガンはリックと相反する考えの人物として行動し続けるとは思うんですが、果たして今後どうなるのかと。
視聴者視点で言えば、せめてWの男はキャロルが懸念したようにモーガンのせいで生きながらえた事で、
今後誰か犠牲者を出してモーガンを精神的に苦しめる、ぐらいの展開は正直用意されていると嬉しいですが。

▼意外と犠牲者は出ない?
最後はS1の2話目以来となるウォーカーの臓物等を体に塗りたくってバレずに行進、という懐かしい展開。
全員が手を繋いでいて、リック、カール、ジェシー、サム、ロン、ゲイブリエル、ミショーン、という順番。
サムは当然年齢的にも状況的にも恐怖を感じていて「ママ…ママ…」と呼びかけていたので、普通に考えれば
このサムの言葉がいつかキッカケになって武器庫へ到着する前に周囲のウォーカーに気付かれて犠牲者登場、
或いはロン辺りが恐怖に耐え切れなくなって余計な行動を起こしてしまい犠牲者が、というのが順当な
流れだとは思うんですが、最後がミショーンで、状況的に不死身のグレンでもなければ確実にバレた時点で
後列に位置する人物はほぼアウト、という状況だと思うので、ここはミショーンが最後、コレがポイントで、
少なくとも武器庫に到着するまでは意外と犠牲者無しで到達するんじゃないかなー、という気もしました。
ロンの銃はカールに回収されてしまいましたし、ジェシーが銃を持ってはいるもののロンの前後はサムと
ゲイブリエルなので武器は無し、となると緊張感を漂わせたまま武器庫へ到着、その後の行動で誰か犠牲が、
のほうが「一度は助かった」という安心感を視聴者にも与えれるので悲劇性もより増す気が。
既に原作でこの部分を読んでいるのでどうなるかは知っているんですが、原作をそのままなぞるとは
限りませんし、わざわざ犠牲者を出さずに前半放送を終了させたという事は、意外と犠牲者は出ないかなーと。
まぁ普通に考えればいつ泣くか分からないジュディスを抱えた状況で行軍、とか確実に死亡フラグですが。
2015-12-06 : 海外ドラマ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

ざくろ

Author:ざくろ
現在プレイ中のゲーム
据置機 仁王
携帯機 
zakuromt@yahoo.co.jp

ツイッター

カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

今月鑑賞予定映画

4/1 ハードコア

4/14 グレートウォール

4/14 パージ:大統領令

4/29 フリーファイヤー

今月のオススメ

個人的オススメ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

来客者様

フリーエリア