ゲームや海外ドラマの感想を中心に色んな話題雑談を書いてます、ネタバレ有りです。

ベイツ・モーテル 第10話 「暗闇」

最終話、普通に完結と捉える事も出来るし、まだ続ける事も出来るし、という終わり方になっていたので、
まずこの描き方が良かったなと思いました、サイコがあるので今後を描かずとも十分理解出来るというか。
内容的にもワンシーズン10話で果たして終われるのか心配でしたけど、これといって性急な感じもなく、
無難ではあるものの上手くまとまっていて良かったんじゃないかなーと。
欲を言えばせめてあと2話程追加して、もう少しキャラ間の描写等も欲しかったかなという感じですが。

▼ノーマンの精神崩壊はやはりブラッドリーが原因か
最終的にドラマ版でどこまでの構想を練っているのか分かりませんが、S1だけの印象で言えばノーマンが
完全におかしくなってしまう根本的なキッカケになったのはブラッドリーという事で確定でしょうか。
物語開始前の時点で既におかしい部分はあったようですが、あまりにも不憫なブラッドリーとの情事が、
ノーマンにしてみればただの遊びだった事で、今回なんかも「ブラッドリーがディランを訪ねてきた」
というただそれだけで、黒いソックスが見当たらない件に関して異常な興奮状態になってしまったりと、
最終的にはノーマの死亡、或いはノーマンによるノーマ殺害とかでノーマンは壊れるんでしょうけど、
S1を見る限りだと、最初の引き金になったのはやっぱりブラッドリーのせいなんだろうなーと。

▼ワトソン先生はどうしたかったのか
中高生ぐらいの年代だと、やはり教師は大人であると同時に、自分の話を親身に聞いてくれたり、
話題が合ったりして盛り上がると、お互いなんとなく気になる相手になって、恋愛感情にまでは流石に
発展せずとも、年齢が違うので友達というわけではないものの生徒からすれば信頼出来る大人、
教師の側からみれば教えるべき生徒ではあるものの、変な意味ではなく特別気にかけている生徒、
といった関係になるのはよくある事ですし、個人的にも高校生の頃は話の合う教師とよく喋っていたので、
ノーマンを気に入っていたであろうワトソン先生の気持ちも分からないではないんですが、恐らくは
別れた直後の恋人であろう人物からの電話で動揺していたとはいえノーマンに自分からハグして「秘密」
と意味深にしか取れない対応をして、挙句にノーマンが妄想のノーマ相手に自問自答していましたが、
わざわざノーマンを自宅に一度招いて、鏡の配置は十分理解しているはずなのにドアを閉めずに
着替えてノーマンにも見えるような状況で行動、確かに幻のノーマが言うように誘惑しているとしか
思えない行動で、尚且つ「自分から」ではなく「ノーマンから来てくれる」事を待っているとしか、
ホントそうとしか思えない行動をしていましたが、かといってこの着替えやハグ以外にワトソン先生が
ノーマンに対してその手のモーションやアプローチをかけていたシーンはないので、色んな意味で
この人はマジで何がしたかったんだろうなと、ノーマンの事は変な意味でなく特別だったんでしょうけど。

▼S1 全10話を見終えての感想
ヴェラ・ファーミガがレギュラーで出る、と聞いたので興味があったわけですけど、S1を見終えての
感想としては、10点満点で言うところの7点といった感じで、とにかく可もなく不可もなく、という印象。
最終的な結末がどうなるか視聴者は勿論分かっているわけですが、サスペンス風味の物語としては十分
面白く描かれていましたし、各登場人物も魅力的だったり、俳優陣もそれぞれ魅力があったので、
良い意味で高水準にまとまってはいたものの、突き抜けて面白い面白くない、という部分は無かったなと。
ノーマンが急に発狂するシーンなんかは異常性を感じられましたし、S1に関しても、出来れば最後の
ワトソン先生殺害シーンなんかはラストで「こんな事がありました」的な映像付きで見たかったですが、
全体的にはホント無難にまとまっている作品だなという印象でした。

キャラクター的にも今回急に銃殺されたアバナシーのように「え、コイツこのタイミングで退場か」
という重要人物に思わせておいて簡単に退場、ただしロメロが分かっていてノーマの前で射殺したように、
今後の関係性にも大きな影響を与える展開になっていたり、別作品ではあるもののこのドラマよりも前に
アンダー・ザ・ドームを見ているとシェルビーは重要人物なんだろうな、と思わせておいてこれまた
想像以上に早く退場させられたり、その辺りの意外性も面白かったです。
良い意味で視聴者の予想を裏切るというか、知名度の有無等で出番の大小に影響されないのは良い感じ。
ヴェラ・ファーミガ目当てで見始めた者としては、この最終話でノーマが子供時代の事を色々語る際、
意図的に綺麗なメイクだったりにしたんでしょうけど、その場面のヴェラ・ファーミガが恐ろしく綺麗に
映されていたので、もうこれだけでも見た甲斐があったなーと。

日本ではwowowでの放送だったのでS2以降も放送されるのであればwowowになると思うんですが、
そこまで続きが楽しみ、という内容では正直無かったものの、面白いのは面白かったので、この先S2が
放送される際にはまた楽しく続きを見させて頂こうかと思います。
意外と登場人物の数も多いので、この手のドラマはシーズンが進んで制作側と視聴者側が色んな意味で
作品に慣れてきたほうが展開を面白く描けるでしょうから、今後のノーマンとノーマの物語に期待。
スポンサーサイト
2015-08-17 : 海外ドラマ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ベイツ・モーテル 第09話 「溺れゆく女」

サブタイトルの感じからしてワトソン先生がそうなるんだろうな、と思っていたものの、別に溺れるという
レベルでの描写ではなかったので少し拍子抜けしたというか、裏をかいてケーキとはいえマリファナに
手を出してしまったエマの事を指しているのかもしれない、とも思ったり。
本編としては話数が少ない事もあり、アバナシー関連もシェルビー同様微妙な結末を迎えそうで少し不安が。

▼ノーマの反応が意外と新鮮
部屋に死体があり、ソレを発見したノーマが衝撃を受けて悲鳴をあげ動揺していたシーン。
死体のみならず、人間予想外の出来事に直面すると驚いて固まったり声を出してしまいやすいものですし、
ましてや死体ともなれば衝撃の度合いは半端ではないでしょうけど、意外とこれが新鮮だなと思いました。
ノーマは「死体や臭いが脳裏に焼き付いて離れない」といった旨の事を苦々しげに語っていましたが、
ドラマにせよ映画にせよ、この手の死体発見展開は見慣れている人間が発見するというケースが多く、
意外とこのノーマのような反応は描かれる事が少ないので、変な話ですが結構新鮮な反応だったなーと。

▼ブラッドリーが魔性の女すぎる
「知り合ったばかりなのに頼んで悪いんだけど、なんか貴方になら頼める気がしたから」とディランに
頼んでいましたが、父親の仕事場へ行きたいのは分かりますし、本人も言っていたように色々と理由が
あるのも分かりますが、これまた本人も言うように知り合ったばかりの相手に頼むような事ではなく、
更にノーマンといざこざがあった直後に、そのノーマンの兄であるディランに頼む、というのが
流石に信じられないというか、良く言えば純真でそういう変な意識等は無い。
ただはっきり言ってしまうと、自分の可愛さだったりをある程度以上自覚しているからこそ、こういう
自然な行動をしてしまいやすいというか、他意は無いんでしょうし計算ずくの行動でも無いと思いますが、
女以上に、意外と実情を知ったノーマンのような男に結構毛嫌いされるタイプなんじゃないかなという気が。
そんな事もあってか、父親にBという女性からのラブレターがあり衝撃を受ける、の展開は、正直見ていて
少しスカっとする部分もありました、自分がノーマンにした事がどれ程傷つけたかよく分かっただろうと。
2015-08-15 : 海外ドラマ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ベイツ・モーテル 第08話 「ノーマンと子犬」

今回は次回以降への下準備というか、それぞれの展開の始まりが描かれて、という感じの構成でしたけど、
こういう前日譚的な扱いの作品の場合、最終的にハッピーエンドになるはずがないと予め分かっている為、
例えばノーマとディランが和解しつつあるとか、ノーマンとエマの交友が深まっていくとか、普通なら見てて
微笑ましくなれる要素が最終的にエグイ結末になるんだろうな、と思うと何とも胸に痛いモノが。

▼ブラッドリーがひどすぎる
別にノーマンを弄んだというわけではなかったものの、それでもノーマンの側に立ってみれば完全に気持ちを
弄ばれた形になったわけで、一応面と向かって謝罪こそあったものの、ノーマンがブラッドリーとの事を
エマに話してしまった事で、エマがノーマンを侮辱されたと感じてブラッドリーの友達に色々暴露。
その事で「でも人に言うなんて!無かった事にしてよ、彼が居るんだから!」とブラッドリーは激昂。
この場合、勿論ブラッドリーとの事をエマに話したノーマンは流石に擁護出来ませんし、どんな理由があろうと
その事をブラッドリーの友人に話してしまったエマも良くは無いですが、ブラッドリーこの態度は無いだろうと。
前述のように他人に話したノーマンにも問題がありますし、ブラッドリーの「でも人に言うなんて」という
真っ当な意見には頷けても、自分には付き合ってる男性が居るのにバレたら困る、としか取れないこの言い分は
流石にひどすぎるだろうと、しかも昨日の今日でノーマンに対して言うような言葉では。
2015-08-11 : 海外ドラマ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ベイツ・モーテル 第07話 「9号室の男」

今回は後半へ向けての新章という事で伏線やらの下地がメインになるんだろうな、と思っていたら、
確かにそういう要素も多かったものの、それ以上にブラッドリーとの件をノーマから頭ごなしに否定され、
ブラッドリーもマジで本気ではなかったという事実、トドメに犬が轢き殺される展開と、ノーマンさんが
完全にブチギレる展開が目白押しで、遂に精神崩壊が始まった形で色々面白かったです、怖すぎ。
新キャラで露骨に怪しいアバナシーも裏のありそうな人物ですが、こちらは次回以降の展開に期待。

▼「でも噂になっているの。小さな町だしスキャンダルは致命的よ」
田舎の場合はどこもそうなんでしょうけど、こういうのはやっぱり見ている分には気分が良くないですよね。
特に今回ノーマが訪れたホテルの支配人は「ええ、分かってる」という言葉通り、ノーマはマジでキースや
シェルビーとのいざこざに巻き込まれただけの一般人だろう、そう思っている感じの言い方でしたけど、
前述のように村八分が横行しやすい田舎町という事もあって、運が悪かろうと厄介な出来事に関わった人、
そういう人とは極力関わりたくない、という理由からのパンフレット交換の拒否でしょうから印象が悪すぎ。
この場合、一流ホテルの側は新規オープンのモーテルと業務提携する必要なんか無いですけど、
訪れたノーマ自体は非常に感じの良い対応で接してきていただけに、こういうのは良くないよなーと。
結局断るなら同じかもしれないものの、一流を名乗るならもう少し常識的な対応で断ってほしかったところ。

▼意外だったエマの嫉妬
高校生ぐらいの年代だと何も不思議な事ではないですし、意外と積極的に行動するエマなので、むしろ
歳相応の嫉妬が出てしまったという事なのかもしれませんが、ノーマンがブラッドリーを好きだという事実に
これ以上ないぐらいの嫉妬を見せて、ノーマ自身は軽く探る程度で「別にいいのよ」と引いてくれたのに、
次から次へとノーマにブラッドリーの事を暴露しまくる、というまさかの展開が面白かったです。
今まで描写された限りだと、エマはノーマン以外に打ち解けている友達がそう多くはなさそうなので、
親身に話を聞いてくれて、明らかに自分に対して友好的な感情を見せてくれていたノーマには話しやすい、
という部分もあったからなんでしょうけど、意外と他人の秘密を喋りまくったのが驚かされたなーと。

▼ブラッドリーはノーマンの精神崩壊に影響を与えすぎた
一夜を共にした事で、夢の中でもブラッドリーとの逢瀬を見てしまう程ブラッドリーに夢中になっていた
ノーマンですが、残念ながらブラッドリーにそのつもりはなかったようでノーマンの言葉を真っ向から否定。
「あの夜の事はただそれだけ…本当にごめんなさい」と、ちゃんとノーマンに対して面と向かって謝ったのは
偉いですし、ある意味ではよく頑張ったとも言えるものの、ノーマンがどうではなく、これは流石に絶対に
やってはいけない事ですよね、ブラッドリーも涙を流しながら「貴方には悪かって思ってる…」と言ったので、
本気で反省しているんでしょうし、ノーマンに対して申し訳ないという気持ちもあるんでしょうけど、
その時は父親の死亡等も重なってつい感情に流されてしまったと。
今後ブラッドリーがどういう風に物語へ影響を与えるのかは分かりませんが、このドラマの中で描かれた
範囲で言えば、ノーマンがここまで衝撃を受けて動揺したのはブラッドリーとの事が初めてだと思うので、
今後どんどん壊れていくにしても、ブラッドリーが最初の一発というか、大きなキッカケになるような気が。
2015-08-09 : 海外ドラマ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ベイツ・モーテル 第06話 「真実」

初回エピの最初に描かれた父親の死の原因が判明し、その事実に驚かされたのでソコは良かったんですが、
肝心のシェルビーを巡る一連の展開が、少なくとも個人的には少し残念な終わりを迎えてしまったので、
そこがちょっと微妙だったかなーと、全体的に悪い意味であまりにも普通の流れで終わってしまった印象。
シェルビー自体が良いキャラをしていたので、何かしらもうちょっと含みなりを持たせてほしかったところ。

▼意外とあっさりシェルビー終了
監禁されていた中国人の女の子を巡る問題、シェルビーとノーマの間でどういった駆け引きが展開するのか、
と期待していたものの別にコレといった心理戦もなければ、偶然シェルビーと中国人の女の子が対面して、
それで全てが崩壊した挙句、最後も普通に銃撃戦でディランがシェルビーを銃撃して終了という幕引き。
全10話というコンパクトシーズンとして構成されているのであまり引っ張ると他の物語が描けませんし、
短いスパンで構成したほうが結果的にはテンポも良くなってイイのかもしれませんが、流石にシェルビーは、
ちょっとあっさり片付けすぎなんじゃないかなと思いました、ノーマに対する感情もマジモンの恋愛という。
最後にシェルビーが血だらけの状態で登場するシーンなんかは緊張感があって良かったですし、
シェルビー自体も得体のしれない男として描かれていて良かっただけに、この終わり方は微妙かなーと。

▼ノーマンは本当に家を出るつもりだったのかどうか
ノーマの目の前でディランが自分と暮らす、という旨の話をしても否定せず、ノーマ本人に「答えて!」
と言われても、肯定はしなかったもののやはり否定もせず、父親死亡の件で殺したのかという質問。
実はノーマン自身が父親を殺していた、というまさかの事実が判明したものの、このやりとりを考えると、
ノーマンとしても流石に父親を殺したとなるとノーマとは流石に暮らせない、と判断したんでしょうか。
結果的に今回の件でディランもノーマと同じ立場でノーマンを守る側になるでしょうから、このまま
モーテルに家族全員で住む、或いはディランだけは予定通り一人暮らし、という展開にはなるでしょうけど、
ノーマン自身は、やっぱりこの流れだとノーマの元を離れてディランと暮らすつもりだったのかなという気が。
2015-08-08 : 海外ドラマ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ベイツ・モーテル 第05話 「証拠」

今回は内容以上に保釈代行業という仕事がある事にまず驚かされました、しかも設定上田舎であろうと
思われるこういう町でもあるんだなと、単純に儲かるのかどうかも気になるところですが。
内容的にはマジで監禁されていた中国人の女の子が今回のキーポイントですが、だからといってシェルビーが
キースと組んでいた、という証拠になるわけではないので、次回どういう風な展開を見せるのかに期待。
演出的な部分だと、ノーマンがブラッドリーに伝言を残す際、携帯を持つ左手が小刻みに震えていた、
というのは緊張する感じを表現していて良いなと思いました、久しぶりに歳相応の反応を見せている感じ。

▼流石にノーマの態度がひどすぎ
確かにノーマが捕まった際にノーマンは家に居なかったものの、自分は好きに男の家に泊まってヤりまくり、
かたや同じ事をノーマンがしたら激昂とか、気持ちは分からなくもないもののお前は何を言ってるんだと。
シェルビーが証拠を消してくれた後は笑顔でノーマンに話しかけていたので、これはよくあるタイプの
「こうやって突き放しておけば自分の事は完全に吹っ切れるだろう」的なノーマなりの、自分が本格的に
収監された後の事を考えての優しさでそういう言動を取った、という部分も無くはないんでしょうけど、
ノーマの場合、性格的に余裕が無い状況だったのでノーマンを気にしてられず自分の事しか考える余裕が
無かった、という可能性もある事を考えると、流石にもうひどすぎるを通り越してもう見捨てろというレベル。
ディランに一緒に住もうと誘われても「母さんは僕が居なきゃ乗り切れない」とノーマンが言っていたように、
もはやノーマンが依存しているのではなく、明らかにノーマがノーマンを必要としている状況。

▼まさかのイーサン射殺
理由や経緯はどうあれ、ディランを良くない仕事へ迎え入れた張本人ではあるものの、ブラッドリーの
父親が丸焦げの焼死体状態で発見された時にはボスへの仕打ちに涙を流して、まだ知り合ってそんなに日も
経っていないであろうディランの為に5000ドルもの大金を簡単に貸してくれたりと、出番の少なさとは裏腹に
恐ろしくイイ奴である顔を見せていたイーサン、特にメインキャラというわけでもなく、ディランのパートで
出てくるサブキャラ筆頭、というレベルだっただけに、いきなりの射殺には驚かされました。
そんなイーサンを射殺した男をディランは轢き殺しましたが、これはもう当然の復讐なので気分もスカっと。
この事がキッカケで今後ややこしい展開だったり、ディラン自身も色々心労を患う、という展開になる
可能性は多いにあると思うんですが、世話になったイーサンがあんな殺され方をした以上復讐は当然で必然。
2015-08-07 : 海外ドラマ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

ざくろ

Author:ざくろ
現在プレイ中のゲーム
据置機 仁王
携帯機 
zakuromt@yahoo.co.jp

ツイッター

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

今月鑑賞予定映画

4/1 ハードコア

4/14 グレートウォール

4/14 パージ:大統領令

4/29 フリーファイヤー

今月のオススメ

個人的オススメ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

来客者様

フリーエリア