ゲームや海外ドラマの感想を中心に色んな話題雑談を書いてます、ネタバレ有りです。

アンダー・ザ・ドーム S2 第07話 「帰郷」

ここ数話の異常なまでの引き伸ばし具合を考えると、正直今回も話が全く進まないのではないか、
と危惧していたんですが、話が進んだかどうかは別にして、今回はそれなりにテンポも良く、話も確実に
前へと前進していたので、面白かったというよりもまずは安心しました、良かった、と。
話数や尺の問題で少なからず引っ張らなければいけない部分があったと思うんですがもう大丈夫だろうと。

▼ビッグ・ジムの心境やいかに
バービーの死を知り、文字通り「…え!?」という表情をしていて、バービーを弔う為の会をわざわざ
開いたわけですが、流石に、これはレベッカに語ったように、マジでバービーの死がショックなのは
事実でしょうか、確かに敵対していた事もあり、内心居なくなった事を喜んでいる部分も勿論あるとは
思うんですが、それ以上に、何よりドーム内の状況を考えるとバービー不在に関するマイナス部分のほうが
ビッグ・ジムにとっても大きいと思うので、バービーが居なくなった、というのはビッグ・ジムにとっても、
今回ばかりはマジでショックでしょうか、頼りになる人物だった、というのは紛れもない本心でしょうし。

▼レベッカは何故考えつかなかったのか
結果的にはバービーが崖の下へ落ちないと話が進まないのでアレですが、底の見えない崖下を探索、
となると当然バービーより、ジョーがやったように何かしらの方法でカメラだけ降ろす、というのが
一番安全な方法ですが、何故そこでレベッカはジョーがロボット部の元部長だという事に
思い当たらなかったのか、レベッカの性格と知識量なら生徒の部活状況…特に部長や副部長クラスなら
何かしら覚えているでしょうに、何故こういう時だけレベッカは思い出せなかったのか。
勿論、まさかジョーがここまで精度の高いしっかりしたロボットを作っているとは思わなかった、
という事なのかもしれませんが、どうもレベッカは前回エピでジュリア側に付いて以降、味方になると
役に立たない元ライバルなんかと同じで、急にあんまり頼りになるようなならないような、という
微妙な立ち位置のキャラになったなーと、今回もビッグ・ジムに脅かされて泣きながらバービーの死を吐露。

▼バービーには何も症状が無い?
地下の崖から落ちた事で何故かゼニスへと移動する事になったバービー、サム、ライルの三名。
ライルは、表現的に正しいかどうかは分かりませんが痴呆症のような状態になっていて、サムは右腕の
震えが止まらない状態、にも関わらず何故かバービーには外見的に一切変化が無いという現状。
これはどうなんでしょうか、バービー自身がまだ気付いていないだけで実はバービーにも何かしらの
変化が起こっているのか、或いはS2の初回エピで、最終的にバービー、ジュリア、ビッグ・ジム、
この三名だけが意識を失わなかった時のように、何故かバービーだけが現時点で理由の分からない特別な
状態に置かれていたように、何かしら理由があるからバービーにだけは何の症状も起きていないのか。
スポンサーサイト
2014-11-26 : 海外ドラマ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

アンダー・ザ・ドーム S2 第06話 「闇の中へ」

今回は普通のというか、映像的には単なる砂嵐だったので数話前に発生した赤い雨程の映像的な
インパクトは流石に無かった、というのが少し残念なところでしたけど、劇中では言及されなかったものの、
何気に初めてレベッカの考えが本気で役に立ち街の為にもなった、という貴重なエピだったなーと。
農薬散布に関しては虫に気付いたのこそレベッカでも、考案したのはビッグ・ジムで実行がバービー。
爆薬でバービーを救出したのもレベッカなので、マジで珍しくレベッカが感謝されずに活躍したエピ。

▼罠で分断されるバービーたち
ジュニアが爆弾の罠にかかり、危ないジュニアをバービーが助けて、その結果危ない状況になったバービーを
今度はサムが助ける、その結果バービーとサム、ジュニア、という二組に完全に分断されたという展開。
過去にバービーとジュニアは色々もめたり、サムはサムで現状アンジー殺し確定レベルの不審人物なものの、
当然前者は危機に陥れば普通に相手を助けるでしょうし、後者はドーム破壊の為に4人を狙ってるのであって、
別にバービーには何の恨みも無い普通の人物のようなので、ここでお互いが相手を咄嗟に助ける、というのは
普通の行動でしょうか、殺そうと思ってる相手なら事故で死んでくれても構わないものの、
流石に恨みも何も無い相手が目の前で死にそうになっていたら、それは当然つい助けてしまうでしょうし。
その後、左右に別れた後の展開に関しては、これはサムが言うように途中で何故か道が変に合流したのか、
サム自身がバービーを殺そうとしたのかは分からないので何とも言えませんが。

▼ジュリアとビッグ・ジムどちらが正しいか?
強風が吹き荒れて砂嵐が発生している状況下で、チェスターズ・ミルよりバービー達の捜索をジュリアは優先。
流石にこればかりはビッグ・ジムが言うように、確かにバービーの行方も心配ですし、現状限りなく怪しい
サムを放置したままにするのも不安ですけど、今回の状況だとレベッカの案に従って、成功するかどうかは
別にして風車を作る事を優先すべきだと思うので、これはビッグ・ジムのほうが正しいですよね。
タイミングが悪かったとしか言いようがないものの、ジュリアは新たな指導者として選ばれた仕事というか、
最初の決断でいきなり指導者としての行動より私情を優先してしまった、という。

▼サムの生死やいかに
お約束の展開で言えば、恐らくライルはポーリーンの書いた日記に穴に飛び込む絵か何かがあったとかで、
そのページ以降は自分が持ったまま穴に飛び込んで現在も生存中、たまたまとはいえ穴に飛び込んだサムも
死なずにそのまま生存、というのが今後の展開だとは思うんですが、現時点だと生死がどうだろうと、
S2初回エピソードから登場して、物語を広げただけで何も解決しなかったサムのこの行動は、視聴者視点で
見るとただ単に話数を使っただけで何も意味がなかった、というやっかみの視点で見てしまうというか。
物語的にもアンジーを殺したうえに、バービーが言ったようにジュニアへの説明を放棄したまま死んだ、
つまりは逃げたようなものなので人間としてもひどいというか、色んな意味で面倒なキャラだったなという印象。
それに、やっぱりアンジーの仇討ちという事でバービーやジョーにトドメを刺させてほしかったなと。
2014-11-18 : 海外ドラマ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

アンダー・ザ・ドーム S2 第05話 「新たなる指導者」

今後もずっと、というわけではなく一時的な交代という程度の変更だと思うんですが、今回は基本的に
ビッグ・ジムとジュリアの立場を入れ替える為のエピ、という感じで本編はほぼ進まず、という内容。
現実的には食糧問題が、これも同様に数ヶ月の規模とはいえ一旦解決したのでイイ事なんでしょうけど、
視聴者視点で言えば数話前に持ち上がった難題が簡単に解決して、かといってこの数話で別に本編が
劇的に進んだわけではなく、進展した事といえばS1とは関係のないS2から登場したメラニー関連の
出来事が多少前進しただけ、という正直に言えばあんまり興味のないエピだったかな、という印象。

どうやらアンジーを殺したのはサムらしいと判明したり、その殺害動機も明かされはしたものの、
結局甥のジュニアはやはり殺せなかった、という辺りが人間らしいと思える反面、前述のように結局
本編が進まないだけか、というやっかみのような視点で今回は妙に見てしまったんですが、最後の最後に
ロッカーの底が実はどこかへと繋がっていた、という事実、次回はかなり楽しみな感じだなと。

他に今回気になった点で言えば、フィルが暴徒を射殺してしまった時の、ビッグ・ジムのあまりにも
どうでも良さそうな知らん顔がまずたまりませんでした、相変わらずイイ顔をしてくれるなと。
他には今回のメインキャラであるジュリアでしょうか、劇中でバービーに信じなかった事について
謝罪してましたが、本人も反省してるように、ちょっとあまりにも最近衝動で考えを変えすぎですよね。
ビッグ・ジムの言う事を簡単に信じてしまったり、意気消沈状態だったので恐らく本音なんでしょうけど、
それでもあんな騒ぎがあった直後のレベッカの言う事を完全に信じてバービーに謝罪したりと。
かと思えば、今回冒頭では前回エピから一夜明けた状態で、普通にバービーと会話してるのに驚きました。
寝て起きれば気持ちもスッキリしますが、昨晩あれだけ完全な拒絶をしておいて普通に接しすぎというか。
2014-11-11 : 海外ドラマ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

アンダー・ザ・ドーム S2 第04話 「決断の時」

いきなりノックも無しに個人情報の書かれたファイルを見ているビッグ・ジムの元を訪れるレベッカ、
もうこの冒頭で改めて「なんだこの女は!?」と思わされた今回ですが、色々と進展のあった今回。
結局ビッグ・ジムは取捨選択に関してバービーに相談せず、連絡を取ろうともしなかったので、
やっぱり優先順位としてはバービーを同格には見ていないんだなと判明したわけですが、S2の流れだと、
てっきりビッグ・ジムはウィルスを使わないという選択を選ぶと思っていただけに少し失望感も。

▼ある意味恐ろしく平等なレベッカ
結論から言えばビッグ・ジムが言ったように「正気じゃない」考えなわけですが、住民の1/4程度を
感染させるだけの力を持ったウィルスを培養していて、それを散布、誰が感染するかは一切分からず、
でも平等に1/4を削る事が出来るから公平な手段で、しかもソレをリーダーのビッグ・ジムにまけと。
レベッカ自身が言うように、ある意味では非常に平等な選別方法ですし、実際食糧問題があって、
ドームがいつ消滅するかなんて分からないので、そう考えれば人口の1/4を減らして少しでも食料負担を
軽減するのは得策かもしれませんが、単純にそれ以前の問題として、やっぱり「頭大丈夫か?」と。
正に狂気に満ちた性格とも言えますけど、前述のように自分が感染して切り捨てられる可能性もあるのに
実行しようとしているわけなので、そういう意味では偉いというか、律儀でしょうか。
ビッグ・ジムの「我々にもリスクがある」という、最初から自分達は1/4の対象にはならない、という
考えで行動しているわけではなく、自分達も含めて平等に削るという考えは、提案する側としてはまとも。
レベッカの場合、性格的に、それでもレベッカ自身は助かるように策を講じている可能性はありますが。

▼ジュリアはビッグ・ジムの言葉を信じたのかどうか
バービーもウィルス散布に関して関わってる、というビッグ・ジムの嘘を聞いて、その事に関して
ジュリアがどう受け取ったか、という確定描写は映像として描かれていなかったものの、
実際ジュリアはビッグ・ジムの言葉を信じたんでしょうか。
最後にバービーが訪ねてきた時は拒絶してましたけど、アレはビッグ・ジムの言葉がどうという以前に、
単純に前回ラストにバービーが万が一に備えて取捨選択をする必要は確かにある、という考えを
持っていた事に対してショックを受けて、バービーとはそれっきりだったのでまだ落ち着いて話をする
精神状態にはなれていないから今回は拒絶した、というだけでしょうし。
単純な確率の問題から言えば、ビッグ・ジムの言葉は信用してないけど多少バービーを疑ってる、
というのが正しいところでしょうか、そうでなければサムをあんなにはっきりと拒絶はせずに、
言葉は悪いですが状況的に流されてつい一度だけハグ、という展開になっていた可能性はあるでしょうし。
なんにせよ、ビッグ・ジムの言った言葉を本気で信じるような迂闊な性格ではないはずと信じたいです。
2014-11-02 : 海外ドラマ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

ざくろ

Author:ざくろ
現在プレイ中のゲーム
据置機 FINAL FANTASY XII TZA
携帯機 
zakuromt@yahoo.co.jp

ツイッター

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

今月鑑賞予定映画

8.11 スパイダーマン:ホームカミング


8.12 海底47m

8.19 ベイビードライバー

8.25 ワンダーウーマン

今月のオススメ

個人的オススメ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

来客者様

フリーエリア