ゲームや海外ドラマの感想を中心に色んな話題雑談を書いてます、ネタバレ有りです。

第2次スーパーロボット大戦Z 破壊編



第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇(通常版)

メーカー:バンダイナムコゲームス
機種:Sony PSP
参考価格:¥7,329
価格:¥5,779

発売日:2011.04.14



約45時間でクリアしました、上記画像にもあるようにSRポイントは前作同様全て取得、ブラスタはリアル系。
撃墜数上位5名は、ヒイロの169機、ゲイナーの142機、ゲインの130機、クロウの120機、トロワの105機。
改造したのはウイング、ヘビーアームズ、キングゲイナー、エンペランザ、の4機のみ、いずれもフル改造。
前作のZは、SRWを30作前後プレイしてきた中で、個人的に3本の指に入ると感じた面白さだったので、
当然その続編となる今回のこの破壊編も非常に期待していました。
以下良し悪しや色んな感想等を、シリーズのネタバレ等もありますのでご注意頂ければし。

▼良い点
・メディアインストールが前提ではあるものの、しておけば前作並に読み込みが早い。
・前作同様、今までのシリーズや単発作品とは色合いの違う参戦作品が多い。
・居るだけ参戦ではあるものの、前作組は一部の作品以外が全て続投。
・前作組は容量削減の意味もあるものの、新武装で新規戦闘アニメも一部用意されていて良い感じ。
・前作に比べて分岐が頻繁なのは良い感じ。

▼悪い点
・PS2からPSPになったので容量的に仕方ないものの、全体的に劣化してしまっている面が多すぎる。
・容量的に仕方ないとは思うものの、前作組はごく一部のメインキャラしか出ていない。
・同様に、これもまた容量的に仕方ないかもしれないものの、前作組のBGMが極端に少ない。
・今回は全体的にクロスオーバーが少ない、特にコードギアスに至っては分岐中ほぼ絡み無しで展開。
・内容的に言えば、正直「第2次」というタイトルを付けるのは少し違う気がする。
・PSPの画面で見ているせいか、小じんまりしてるうえに前作より迫力が無い。
・前作と違い、今回は16:9のPSPなのに、4:3の時と戦闘アニメの作り方が変わっていない印象を受ける。
・個人的には、キャラ間の絡みやシナリオは前作の方が遥かに面白かったし良かった。
・同様にこれまた人それぞれですし容量的な理由もあるでしょうが、主人公が一人だけというのは残念。
・トライバトルシステムの廃止は単純に残念、今回は携帯機という事もあっての事だとは思いますが。
・メディアインストールしても、テキスト表示中に時々読み込む為の一瞬の間がある。
・インターミッション中のセーブ時にシステムセーブ等も必要としてくる為に時間と手間がかかる。

▼新規参戦作品に関して
「コレが楽しみ」という新規作品は無かったんですが、ルート的にWを目当てで選んでいたので
全てコードギアスのルート、そのルートでの印象になるんですが、今回の…Wのように過去に
参戦した事のある作品ではなく、今回がSRWに初参加という意味での新規参加だと、
前作のアクエリオンとエウレカセブン同様、コードギアスが優遇されすぎかなと感じました。
というより、他作品とほとんど絡まず展開しているので、折角のSRWなのに非常に勿体無いなーと。
アニメは未見なんですが、内容自体は面白く思えましたし、破壊編での展開以降は原作だと
どうなっているのか?といった具合に、原作自体への興味は正直かなり沸いたんですが、
肝心のSRWとしては悪い意味で浮いていたようで残念でした。

今回は全体的にMXの頃に感じた、悪い意味での原作再現が多いかなという印象を受けました。
この辺りは人それぞれ印象が違うと思いますが、例えばコードギアスがほぼ原作再現に終始していたり、
ボトムズにせよダイ・ガードにせよほとんど他作品と絡まずに展開していたり、折角のSRWなのに、
全体的にとにかく勿体無いなという印象が強かったです。
好意的に解釈すれば今回はFのように二部作なわけなので、後編に相当する再世編で見せ場が
用意されているのかもしれませんが、特に新規参戦の作品ぐらいはもう少し見せ場と出番を。

▼続編がPSPなのが残念
前作はPS2で発売されて、続編に当たる今作と、二部作の後編に相当する次回作はPSPでの発売。
これは第2次Zの開発が始まった時期等を考えれば、開発費や売上の兼ね合いでPS3では正直出せない、
という判断があったと思うんですが、単純にSRWのファン視点で言えば、やっぱり残念には
思ってしまいますよね、出来れば…当然ですけどPS3でやりたかったわけですし。
この辺りの考え方は人それぞれだと思うのでアレかもしれませんが、やっぱりSRWと言えば
戦闘アニメを楽しみたいわけで、となるとPSPの小さい画面よりも、TVで見たいと思うのが心情。
ウチのTVはREGZAなのでPSPを比較的クリアな映像で出力出来るんですが、
全く同じ戦闘アニメを見るにしても、実際にPSPで見るのと、TVに出力して見るのとでは、
画面が大きい分TVで見た時のほうが「凄く動いてるな」と感じれました。

勿論、単純に戦闘アニメだけが理由ではなく、容量的な問題でもPS3で出してほしかったなーと。
PS3なら、今回のように二部作として分割販売する必要も無かったでしょうし、当然戦闘アニメも
更に気合の入ったものになったであろうだけに、やっぱりそういう意味でも残念でした。
この辺りは、言葉は悪いですがSRWに限らず「マザーシップタイトルは据え置き機で」という、
悪い意味で昔ながらの固定概念がそう感じさせているのかもしれませんが、
それでも個人的にはPS3で第2次Zを見たかったな、というのが本音です。
社会人になってしまうと据え置き機より携帯機のPSPのほうが手軽や気軽にプレイ出来るので
重宝するのは事実なんですが、没入感なども考えるとやはり据え置き機には勝てないなと。

▼クリア後の感想
前述の据え置き機云々というのを抜きにしても、やはり前作のZが非常に面白く感じて、
今回の第2次Zには期待しすぎていた事もあり、個人的な感想としては正直微妙でした、
前作組を無理に出したという点で「第2次」というタイトルにも若干違和感を感じてしまいますし。
難しいところだとは思うんですが、PS2からPSPになり、据え置き機から携帯機になった事で
容量的な事以上に、携帯機としての利便性や色んな事を踏まえトライバトルシステムを
廃止したと思うんですが、そのせいでゲーム自体のボリュームも小じんまりしてしまった感じです。
当然敵も小隊を組んでいないので、昨今のSRWの中でも群を抜いてMAPのクリアが早いですし、
容量的な事もあってか前作に比べるとシナリオやテキストも薄め。

ただその反面、主人公であるクロウはキャラが立っていて良かったと思います、
多少金に関する言動がしつこいきらいはあったものの、キョウスケ以来久しぶりにオリジナルの、
いわゆるオッサンではない年齢の男でまともなキャラが出てきた、というのも大きいです。
敵側は正直に言ってしまうと魅力を感じられませんでしたが、まぁ敵に魅力が無いのはお約束。

発売前の期待が大きすぎて微妙と感じてしまったわけですが、再世編にもやはり期待したいです。
キャラの数が多すぎて無理な気もしますが、前作組も今作組も、なんとか
クロスオーバーの会話や展開、SRWらしい絡みや盛り上がり、こういったモノをもっと
ふんだんに盛りこんで、SRWだからこその面白さを見せてほしいところです。

スポンサーサイト
2011-05-13 : PSP : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

ざくろ

Author:ざくろ
現在プレイ中のゲーム
据置機 ウィッチャー 3
携帯機 
zakuromt@yahoo.co.jp

ツイッター

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

今月鑑賞予定映画

5/12 ガーディアンズ・オブ・    ギャラクシー:リミックス

5/12 スプリット

5/19 メッセージ

今月のオススメ

個人的オススメ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

来客者様

フリーエリア