ゲームや海外ドラマの感想を中心に色んな話題雑談を書いてます、ネタバレ有りです。

バテン・カイトス 短時間プレイその14

【バテン・カイトス】短時間目指して気合と根性 part.14【実況プレイ】




短時間プレイの続きをアップしました、今回は石の塔ゾスマ~空中山脈突入前まで。
ボス戦が連続して用意されていると録画が非常に困難です、こんなグダグダプレイでも、少しでもタイムを縮めようと思い何度もリセット、
という展開になるんですが、ボス戦が連続して用意されてると、下手をするとイコールで数時間→数時間、というケースが頻繁に。
スポンサーサイト
2011-01-28 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

バテン・カイトス -終わらない翼と失われた海- 短時間プレイ 9



▼砂漠の村アザー
左の建物の三階へ行く→建物の外へ出る→洞窟右奥にある工房へ行く→火炎洞窟の扉前に居る男に話しかける

一つ一つのイベントが結構長くて時間のかかってしまうアザー、どうもアザーだったりマザーだったりは某家庭教師のCMを思い出します。
ここでは教会へ行くのが先決でしょうから、ジャコモの落としてくれたシェラのクラスアップアイテムをまずは使いたいです。
タイミング的にレベルも上げていいと思うんですが、同時に火炎洞窟でカラスが離脱するので、リュードとサヴィナのレベルとクラス、
これらもついでに上げておきたいところです、ミズチさまはシェラとデッキが被ってしまうので、今後も使わなくていいかなと。

入手するマグナスとしては、建物の二階へ上がろうとする通路の右脇にある樽からお茶、二階にある彫刻刀、あと工房の入り口付近にある
カラスの時属性の必殺技である夢刃、この三点でしょうか、他のマグナスはそこまでして入手する程のモノではないかなと。
お店での購入商品はホワイトセプターをオススメしたいです、デスペンデュラムやアクアバースト4も勿論欲しいんですが、
金銭的な理由と、全体的にギバリの火力とマグナス不足を考えると、ここはホワイトセプターが良いかなーと。
あとは火炎洞窟の入り口で発生する精霊選択肢、珍しく下で好感度が上昇しますので、ボタンの連打には注意が必要です。
工房では最初が下、次は今までに訪れた村の名前が全て出てきますが、一番上でOKです。

▼火炎洞窟
火炎氷の前に居るラノカウリスと戦う

強制戦闘はこの一度のみです、多少面倒ですが戦う以上はなんとかしてレッドオークを落としてもらえるように頑張ります。
ちなみにこの火炎氷なんですが、工房の男に一度話しかけないと入手出来ないので、面倒ではあるものの男への話しかけが必須になります。
洞窟内での入手マグナスとしては、最初の分かれ道の左側にあるシャドウスラスター、溶岩を輝く雪で固めた下の道の先にある宝箱、
リュードの装備品である金のピアス、ギバリのクラスアップアイテム、最後にセーブフラワーの目の前にあるライトサーベル。
あとやるべき事としては、ボス戦が終了するとカラスはデッキ内のマグナスごと離脱してしまうので、豚バラ等は外しておきたいところ。

▼ボス戦 ゲルドブレイム 所要時間 4分5秒
1ターン目に100%の死亡効果を持つ「命を我に」という技を使ってくるんですが、どうやら回復マグナスを多く持つキャラを狙う特性が
あるようなので、そのキャラ以外にお神酒を持たせて、1ターン目でお神酒が出なければリセット、というのが妥当でしょうか。
あとは必殺防御も結構使ってくるので、全体的に多少運の要素が大きいかなという印象です、早くて3分半ぐらいで撃破可能な気が。
ボス戦終了後の精霊選択肢は、カラスの時が下上上上下、シェラの時が、下下下上下、という感じです。

▼帝国要塞
部屋を出る→左端のエリアの二つの部屋に入る→爆音後に右端の穴から脱出

敵が居ないうえに道も一本道なので特に迷う事もなく進めます、宝箱的には最初にシェラが居た左の部屋からファイアバースト4、
左端のエリアの左側の部屋から風の羽衣、この二つだけでしょうか、左端の宝箱にスパークハットが入っていますが特に必要無いかなーと。

▼仲間救出
大樹の花の種を入手してサヴィナを救出→雲を入手してギバリを救出→溶岩を入手してリュードを救出→幻草を入手してミズチさまを救出
コモ・マイでコレルリに話しかける→港からミンディールへ乗り込む

仲間を救出するのは大事なものの、やってる事は完全にお使いイベントの延長のようなものなので、非常に時間だけがかかってしまいます。
何度か店へ寄る事をオススメしたいんですが、アザーでデスペンデュラム、パルナスで豚バラとアクアバースト3、バランソワールでメイフライ、
この辺りを購入するのが良い感じでしょうか、本来ならアザーではホワイトセプターが欲しいんですが、まだ再販売されてません。
多少時間を縮める方法として、バランソワールはいちいち大公の屋敷へ行かずとも、入り口の目の前の川を降りて行った方が早いです。
最後にコレルリの宮殿で発生する精霊選択肢は上でOKです、ちなみにこの仲間救出にかかった時間は40分39秒でした。

▼嵐の氷壁ゴメイザ
二つ目の光の玉の下へ行く際に出てくる二匹のスノウカニッパのうち後から出てくる方のみ強制戦闘

強風のせいでとにかく神経がキれそうになってくる事でも有名なゴメイザです、個人的にはホロ・ホロと並んで嫌いなエリアの一つです。
強制戦闘自体は一度だけなものの、とにかくランダムに吹き荒れる強風のおかげで何かと苦労させられてしまいます。
最初にして最大の難関が、最初の光の玉付近に出てくるカニッパでしょうか、まずココの回避が一番大変です。
位置的に微妙な所で現れるうえ、光の玉とシェラが移動出来る範囲、風の動きの関係でどうしても一度は向かい風になったり遅くなる、
これらの要素が組み合わさって、とにかく最初のカニッパの回避が最も困難です。
逆に言えば、一匹目さえ回避すれば、二匹目は三匹目として出てくる強制戦闘後の無敵時間で回避出来ますし、鳥は動きを覚えればOK、
多少当たり判定が大きいので苦労するクモも、時間を気にせずじっくり待てば回避可能、という感じです。

入手マグナスとしては、最初の光の玉があるエリアのフォルセティローブ、その次のエリアにあるアクアバースト4とタワーシールド、
この三つでしょうか、他はわざわざ取りに行く程のマグナスではないですし、多少道を外れるのも、ココは強風のせいで色々大変です。
ちなみに強制戦闘となるカニッパは、出来れば一匹のみの登場までリセット、ドロップマグナスは豚カルビが望ましいです。
ただ豚カルビは何とかなったとしても、非常に高い確率で三匹出てきますし、そこに行くまでのリセットがまた大変だという。
それと、光の玉のイベントを全て終えたら輝く雪の回収を推奨します、氷の女神まで20分かからないのでいけます。

▼氷の城カファルジドマ
白龍の間へ行く→クルサに行く→儀式の間に入る→氷の女神を倒す→儀式の間でバーナムに話しかける
クルサの左端の家で彫刻家に話しかける→彫刻家の息子に話しかける→儀式の間で息子に話しかけて彫刻を依頼する
クルサのショップでつばさを休める→儀式の間へ行く→港から白龍に乗る

こなすイベントは多いものの、最後の彫刻関連が完全にお使いイベントになっているだけで、他は順番にイベントが起こるので楽です。
入手マグナスとして、シェラの部屋のベッドから二枚目の炎の狂乱、左上のタンスからライトフレア4、二階の左右の部屋から
おっきな草もちとうなぎという貴重なドーピングアイテム、クルサの釣堀?の奥から黒こげの魚と交換して貰えるこぐま座、
雪だるまからワッペン、彫刻家の家からダークフレア4、こんな感じでしょうか、ここは結構便利なマグナスが多くて助かります。
店での購入はウェイブカッターとミノをオススメしたいです、白龍に乗る前にはレベルアップも。

ちなみにここで戦う氷の女神、完全に運だけの戦いになるので攻略法も何も無いんですが、むしろその後の彫刻イベントが重要です。
ゴメイザで輝く雪を回収した場合、20分が経過すると輝く雪が無くなってしまうので、多少氷の女神は急いだほうが良い感じです。
入手から彫刻イベント開始まで約18分前後でいけるんですが、あまり氷の女神に時間をかけてしまうとちょっと危ないかなと。
2011-01-26 : 短時間プレイ バテン・カイトス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

バテン・カイトス 短時間プレイその13

【バテン・カイトス】短時間目指して気合と根性 part.13【実況プレイ】



短時間プレイの続きをアップしました、今回は帝国要塞~石の塔ゾスマ突入前まで。
何故か序盤はマイクとの位置関係が把握出来ておらず声が微妙に割れてしまい、お聞き苦しい限りで申し訳ないところです。
丁度前回のprat.12をアップした翌日から弟が帰省していた事もあり、一週間程まともにバテンを触ってなかったんですが、
意外と詰まる事もなくスムーズに録画出来ました、脱力してる時の方がミニゲームで高得点を出しやすい、というアレみたいなもんでしょうか。
2011-01-25 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

魔法使いの弟子



魔法使いの弟子 [Blu-ray]

監督:ジョン・タートルトーブ
出演:ニコラス・ケイジ
参考価格:¥2,500
価格:¥1,800

発売日:2012.01.18
レンタル版BDで鑑賞、画質音質はどちらも普通、チャイナタウンでの映像はBDならではといった感じ。
全体的に「コレは凄い」と唸らされる程の何かは無かったかなーと、映像的には十分綺麗なんですが。
ジェリー・ブラッカイマーとディズニーという鉄板作品だったので、個人的には結構期待してたんですが、
いざ見てみた印象としては、安定はしているものの、正直平気点レベルかな、という印象を受けました。

▼冒頭の物語紹介が詰め込みすぎ
物語が始まってすぐに、本編から1000年前の出来事に当たるモルガナとの戦いについて駆け足で
「こういう事がありました」というあらすじ紹介が流れていたものの、まずこの部分が…というよりも、
流石にちょっと色々と詰め込みすぎではないかなと思いました。
本編の上映時間自体2時間に満たないので、つまり尺には余裕があった事を考えるともう少し丁寧に
描いても良かったのではないかなと思いました、内容自体は王道の物語設定だったので簡単に
飲み込めるものの、始まってすぐの紹介としては少し詰め込みすぎていた印象を受けました。

▼ジェイ・バルチェルは主役の器ではない
熱演しておられる本人には非常に申し訳ないんですが、正直この映画は主人公のデイブ、
主人公役のジェイ・バルチェル、ホントご本人には非常に申し訳ないものの、この二人の魅力の無さで
随分損をしているなと思いました、それだけで減点対象のレベル。
勿論人それぞれ感想は全然違うと思いますし、いかにも典型的な「○○オタクで冴えない青年」
としては上手くキャラが出来ていて、演技的にもいかにもそれっぽい感じではあったものの、
逆にそのせいで、個人的には物語への没入感や興奮度が薄れてしまったかなーと。
ゲームや漫画でもそうですが、メインキャラ全てが美男美女で完璧、というのもありえない話ですが、
この映画のように、いざ実際にデイブのように映像的にもキャラ的にも冴えないキャラクターが
主役になるとどうなるか、というのを見せられると、ホント申し訳ないんですが個人的には非常に
乗り切れなかったというか、デイブの為にテンションが下がってしまった、という印象でした。

▼時間の流れは残酷
別に本編とは全く関係の無い事なんですが、デイブとベッキー、10年後に再会する事になった二人。
正直デイブは外見的にも残念な成長を遂げてしまったものの、一方のベッキーは子供時代と違い
非常に綺麗な成長を遂げていたというあまりにも現実的で残酷な事実。
男は男らしく、女は女らしく成長するのが自然な事とは言え、実際に小学生時代の友達や
クラスメイトと10年以上経過して再会すると、この二人のように外見的にもかなりの変化を
遂げているケースはあるわけなので、色んな意味で時間の流れは残酷なもんだなと。

▼感想まとめ
「めちゃめちゃ良かった」と答える人以外は、大半の方が100点満点中65~70点、この辺りの点数で
評価するのではないかと思われるんですが、点数からも分かるように悪くはないけど微妙、な感じ。
例えばCGなんかは非常に綺麗で、実写との合成もとにかく自然でそういう技術面は素晴らしいですし、
中盤以降はそれなりに展開も早くなってくれるので単純に見ているだけでも楽しめるんですが、
全体的に何か物足りないというか、間延びしているなと感じました。
前述のようにデイブが微妙と感じてしまったのは非常に大きいと思うんですが、とにかくデイブ。
狙いとしては冴えないデイブとバルサザールのやりとりで笑わせる、というのがあるとは
思うんですけども、どうも淡々としているというか。
かといって本編を進ませる時は「デイブならこう言うだろう」ではなく「本編を進ませるので
このセリフを言わせないといけない」と思えるシーンが何度かあったので、余計感情移入しにくく。

デイブの事ばかりで申し訳ないんですが、有名な例で言えばターミネーター3なんかも同じで、
内容がどうのより、主人公役のルックスが、ホント失礼な事ばかり書いていて恐縮なんですが、
やはり主人公にはある程度以上のルックス、或いは何かしらの魅力が無ければ見ていて楽しめない、
というのが大きいなと再確認させられた感じです、デイブの場合は単純に性格も疎ましい感じでしたが。

他だと、感想が文句ばかりでホント申し訳ないんですが、最後のバルサザール蘇生はやりすぎでしょうか。
ディズニーなので血生臭い展開や、しこりの残るハッピーエンドは良くないという判断の元での
蘇生なのかもしれませんが、いくらデイブが選ばれた者だとはいえ、最後に急に覚醒して何でも
出来るようになる、というのはどうなのかなという気が。
他にも、バルサザールとホルヴァートが、明らかに相手を殺す気が無い…極端な話手を抜いた戦いを
しているというのもどうかなと思いました、ホルヴァートは「最後には殺す」的な行動をしていたものの、
デイブのキャラも含めて、こういった事も緊張感を無くしていたのかなと。

感想が文句ばかりになってしまいましたが、客観的に考えれば平均点レベルの内容だったとは思います。
特典映像は非常に良かったですし、ヒロイン役のテリーサ・パーマーも魅力的で良かったです。
本編に文句を言いつつも、内容としては王道のファンタジー、良くも悪くもディズニー映画。
魔法に頼るだけでなく、最後は1000年前には無かった科学の力も利用して戦う、という展開は良い感じ。

2011-01-23 : 映画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

バテン・カイトス -終わらない翼と失われた海- 短時間プレイ 9



▼お菓子村パルナス
特に用事は無いので無理に寄る必要は無いんですが、カラスの攻撃力を少しでも上げる為に、店へ寄ってスライムの写真を売却、
早速再販されている豚バラと、同様にギバリの攻撃力も底上げする為に、ここでギバリの装備品の購入を推奨したいです。

▼幻影都市バランソワール
すぐ右手前の家に入り男に話しかける→階段を登ってすぐの家の老婆に話しかける→トリルの実家でトリルの父親に話しかける
トリルの実家を出るとイベント→大公の屋敷へ行こうとするとイベント→大公の屋敷へ入るとイベント→大公の部屋でイベント
階段を降りて右の部屋へ入るとイベント→下水道へと降りる→鏡の迷宮ココリスへと行く

文字に起こすとイベントが多そうに見えますが、市内は道順に沿っての行動ですし、屋敷内も上へ行って下へ、というだけなので、
コモ・マイやパルナスのように言ったり来たりという事をしなくてすむのは助かるところです。
マグナス的には、最初の家のタンスからミリネリー、老婆の家の植木鉢?から変化待ちの杉の木、下水道へ降りる前に
イベント終了時点真下からみなみのうお座、下水道のすぐ右にある宝箱から火影のローブ、こんなところでしょうか。
全て道中で拾えるマグナスなので、タイムロスを気にしなくてイイというのも良い感じです。

店のほうは、色々売っているので迷うところですが、今後の金銭的問題も考えて、シークリーの写真を売ってメイフライを購入するだけ、
個人的にはソレが一番良いのかなと思います、諸々の値段が高くなってきている事もあり、お金も計画的に使わなければいけません。
余談ながらここで仲間になるミズチさま、現時点でのシェラと、仲間になった時点でのミズチさまを比較してみたところ、
シェラの攻撃力の方が高かったので、余程理由が無い限りはシェラのままいった方が良いのではないかなと思われます。

▼鏡の迷宮ココリス
強制戦闘無し

ここは大量の鏡が反射したような映像になっていて、どういう経路を辿ればいいのかという事を把握していないと時間がかかったり、
敵にぶつかってしまうのがとにかく厄介なんですが、こればかりはもう慣れるしかないかなと思います、とにかく面倒。
幸い強制戦闘はありませんし、宝箱の中身も大したものではないので、慣れれば結構スムーズに抜けれます。

▼ボス戦 幻夢 所要時間 4分15秒
シークリー程ではないものの、この幻夢も弱いです、運が良ければシークリー同様3分での撃破も十分可能なのではないかなと。
最大の難点は必殺防御です、こちらのプライズや攻撃を強制的にカットしてくるのが厄介です。
特にカラスはこの時点でストレートのプライズだと1000を超えるダメージを叩き出してくれるものの、必殺防御でカットされると、
プライズ自体が無効になってしまうので、本来なら1000前後を与えれるはずが、必殺防御が出たが為に500前後、という事も十分ありえます。
他には、麻痺や睡眠の攻撃をしてくる事もあるので、この辺りの対処でしょうか。
火力的には大した事がないので、ホント運だけです、必殺防御さえしてこなければ文字通り恐れるに足らずの状態です。

▼大公の屋敷
ミローディアに話しかける

ボタンを連打していても6分以上かかるイベントが終わると大公の部屋から開始、部屋を出て左隣のミローディアの部屋へ行き、
彼女に話しかければミラを突破する事になります、ここのイベントはとにかく長くて短時間プレイでは非常に強敵となります。
イベントの際に精霊選択肢が三回用意されているんですが、最初の二回は上でOKです、最後の一回は好感度に影響しないようです。
入手可能マグナスとして、ミローディアの部屋の座布団とベッド、それぞれ雨雲のショールと泣けない人魚があるので回収。
ミラのクリアタイムは1時間17分4秒、ディスク1枚目の終了タイムは5時間44分51秒、でした。

▼帝都ミンタカ
店の前でイベント→店の角を曲がりエリア移動した先にある家の男に話しかける→店の左手の通路でパレード?を見る
左にある兵士休憩所の階段を上がる→リュードの家へ行く

イベント以外の面で言えば、港の左上の家にあるバイキングメット、ゲオルグの話をする男性の居る家の雨雲のショール、
兵士休憩所にある棺桶型の盾とスケイルメイルの回収、大体こんなところでしょうか。
店のほうは写真を売ってウインドブロー3の購入を推奨したいです、というよりあんまり品揃えが良くないです。

▼帝都ミンタカ
強制戦闘無し

相変わらず強制戦闘が無い敵に限って、デスペンデュラムだったりホワイトセプターだったりを落としてくれるのが泣けます。
特に寄り道をする必要も無いので、即ミンディールへ…乗り込む前に、教会でレベルアップと星座の交換をオススメしたいです。
レベルアップはジャコモ戦に備えて多少でも火力を上げたい、という理由があるんですが、それ以上に星座交換。
シークリーが落としてくれたおとめ座のマグナスと、攻撃力80のグラディウスを交換してもらえるので、何があろうとも交換です。

▼飛空戦艦ゴルドバ
強制戦闘無し

突入時に帝国式戦闘機3体と強制的に戦うだけです、余談ながらココはボス戦扱いなので、実は負けてもリトライが可能です。
出来れば利剣が欲しいところではあるものの、余程運が良くない限りは相当苦戦させられると思うので、素直にブラックアッシュを推奨。
船内でやるべき事は通信室でのロック解除のみです、番号は「4653」です、ザコ戦をせずともパスは適用されます。
ただ他の番号でマグナスを入手出来ますし、船内の宝箱には利剣だったり色々便利なマグナスもありますので、回収するのも良いかなーと。
防具に関しては、そろそろHPも高くなってきているので無理に入手する必要はありませんが、利剣だけは多少ロスしてでも入手したほうが。

▼ボス戦 ジャコモ達 所要時間 13分54秒
仮に普通にザコ戦をこなしてレベルを上げまくっていても、どうしても何かと時間のかかってしまうジャコモ達との戦いです。
個人的なオススメとしては、まずはフォロンからの撃破をオススメしたいところです。
多少数値が前後するようなので、全く同じパラメータであっても100%絶対、という仕様ではないようなんですが、
ここでの戦闘でエイメとジャコモを除くと、この短時間プレイだと、シェラ→カラス→フォロン→ギバリ、行動順はこうなっています。
ポイントはここなんですが、上手くプライズを繋げてダメージを与えていると、2ターン目にフォロンが行動する前…数値の前後差で
シェラとカラスのどちらが後に行動するかは分かりませんが、後に動くキャラの攻撃でフォロンを撃破する事が出来ます。
なので、フォロン一回分の行動時間を短縮する事が出来ます、多少ではあるものの短時間を目指すならフォロンの撃破が最優先かなと。
エイメとジャコモに関してはコレといった攻略法も無いので、誰も死なないように戦うだけ、といった感じでしょうか。
余談ながら、ジャコモ達を倒した後はゴルドバを脱出するわけですが、セーブフラワーの前に居るザコ敵に当たらないように注意が必要です。
2011-01-21 : 短時間プレイ バテン・カイトス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

バテン・カイトス 短時間プレイその12

【バテン・カイトス】短時間目指して気合と根性 part.12【実況プレイ】



短時間プレイの続きをアップしました、今回は仲間集め~帝国要塞突入前まで。
行ったり来たりで時間のかかる仲間集め、強風で思うように動けず敵に直撃するゴメイザ、なんとも大変な場所です。
内容と全然関係の無いところで言えば、普段使っているエンコソフトが壊れてしまい、何かと慌てさせられました。
2011-01-18 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

インセプション



インセプション [Blu-ray]

監督:クリストファー・ノーラン
出演:レオナルド・ディカプリオ
参考価格:¥2,500
価格:¥1,487

発売日:2011.07.20
レンタル版BDで鑑賞、画質は結構綺麗で高精細、音質は普通な感じ、良い意味で最近のBDらしい内容。
ただ画質は良かったものの、序盤は画面の暗さが気になりました、特に最初のコブとサイトーが
金庫関連で展開する建物、ココは映像と照明、どちらの問題かは分かりませんが全体的に画面が
非常に暗く感じてしまいました、雰囲気は出ているものの少し映像的な見辛さが先に立つかなという感じ。
個人的にクリトファー・ノーラン監督の作品は初めての視聴、メメント以降はタイトルこそ知りながらも、
実際に見たのはこのインセプションが初めてです、流石に人気のある監督だけの事はあるなと思えました。

▼何も考えずに見たほうが楽しめる気がする
公開当事から非常に難解な映画であるという感想をよく見ましたし、複数回見ないと理解出来ない、
という感想も目にしていたので多少構えてたんですが、実際に見ての感想はむしろ単純という印象。
例えば答えの無い「視聴者に判断はお任せします」的な描写の場合は別ですけど、このインセプションだと
設定の肝心な部分である夢、この夢については劇中でコブがアリアドネに色々とレクチャーする
シーンがあるので、そこで基礎設定は分かりますし、鎮静剤で深く眠っていると夢の中で死んでも
実際に目覚めるわけではない、という事も第一層の襲撃の後判明。
なので、この辺りの基礎的な設定さえ分かってれば十分問題無いんじゃないかな、と思いました。
推理小説で「読みながら犯人や犯行の手口を考えながら読む」「真剣に読んではいるけど何も考えずに読む」
この場合、勿論後者は後者で「犯人は多分あの人だろう」とかの、直感的な考え方はしてると思うんですが、
実際の良し悪しは別にして、深く考えたり飲み込もうとしてるのは恐らく前者のパターン、
でもインセプションを楽しめるのは後者のパターン、そう感じました。
個人的にも後者のパターンで、何も考えず楽しませて頂いてるんですが、見ている最中に「難しい」だったり
「え、アレはああでコレはこうで…」と思い悩む事なく最後まで見れたので、恐らくこういった映画の場合、
後者のタイプの人のほうが楽しめるのではないかなと思いました。
あとは漫画やゲーム等を好きな場合も大きいでしょうか、二次元作品だとこの手の設定はよくありますし。

▼コブは結局子供達の元へ帰れたのかどうか?
解釈は色々あると思うんですが、少なくともコブ本人からすればハッピーエンド、でいいんでしょうか。
恐らく色々映像だったり最初からの伏線だったりでヒントは用意されていると思うんですが、
コマが止まる事無く回り続けていたものの、今までのコブは夢の中ですら子供達の顔を見れなかったので、
そういう意味では仮に夢のままだったとしても、コブ本人からすればモルのトラウマを克服出来たというか、
一つ前へ進む事が出来た、という意味ではハッピーエンドでもいいのかな、と思ったり。
仮にそうだとしたら、結局コブは目覚めれていないわけなのですが、コブ本人からすればOKなのかなとも。
夢が題材の作品で、この手の展開でありがちな「ハッピーエンドだと思ったら夢だった、クソ!」
的な展開が劇中で一度も用意されず、夢の中とはいえ銃撃戦もある展開で誰一人死なずに全員生還、
という珍しい内容だったので、そう考えると夢のままなのかなとも思ったり。
個人的な印象から言えば、やはりコブは夢の中に居るままなのかな、と感じました。
「何故そう思ったのか?」と言われると、仮に画面暗転後にコマが止まるとしても、そもそもコマはそんなに
回り続けられないだろう、といった感じのあまりにもアレな理由なんですが、劇中の描写を見ている限りだと、
あまりハッピーエンドは望んでいないのかな、と感じたので、所謂「本人はハッピーエンドだけど、
現実世界的にはバッドエンドに近い」の結末なのかなと、どうかは分かりませんが。

▼感想まとめ
前述のように何も考えずに見るタイプなので、全然解釈が違っていたり、理解力がまるで無かったりしますが、
個人的には最初から最後まで楽しませて頂けました、ジャンル的にはサスペンスが一番近いんでしょうか。
2時間28分の尺も特に気にならず、間延びするシーンも無かったので、構成の上手さにも感動しました。
ただ逆に言えば、出来れば思い切って3時間程の尺でもっと描いてほしいな、とも思える贅沢な内容でした。
設定もキャラも良かっただけに、もっと色んな描写が見たかったなという印象です。

しかし冷静に考えればロバートが可哀想ですよね、父親の残した遺言状や風車、亡くなる直前に
父親との会話で感動してたのに、当然それらはコブ達によって作られたサイトーの為の、
完全に作られた偽の情報を信じて勝手に感動してる、という。
本筋はコブが家に戻れるかどうか、というモノだったと思うので、極端な話コブにとってはロバートが
どうなろうと知ったことではない、本音はそんな感じだと思うんですが、冷静に考えると恐ろしい話ですよね。
ロバートにせよモルにせよ、気付かないうちに他人からアイデアを植えつけられて、それがさも自分の
考えであるかのように行動し、その結果モルは自殺、ロバートは恐らくサイトーが望んだ通りの
会社経営をしていく事になるでしょうから、文字通り人生を捻じ曲げられる。

何も考えずに見ても十分楽しめる映画でした、見終わった際に色々考えたり出来るというのも良いなーと。
最近は良い意味で終了後に「アレはああなのでは?」と語れるタイプの映画が少なくなってきているだけに、
そういう意味でもこのインセプションは良い映画でした、久しぶりにストーリー手動の本格派というか。
クリストファー・ノーラン監督だけでなく、今後はこういった優れたアイデアで構築された映画がもっと増えれば。

2011-01-16 : 映画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

バイオハザードIV アフターライフ



バイオハザードIV アフターライフ [Blu-ray]

監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ
参考価格:¥2,500
価格:¥1,363

発売日:2011.04.22
レンタル版BDで鑑賞、画質は良い意味で凄まじいの一言、スローモーション映像の際の、処刑マジニとの
戦闘で周囲に降り注ぐシャワーやスプリンクラーの水しぶきの繊細さがとんでもない事になってました、
冗談抜きで鳥肌が立つぐらいの凄い映像美だなと本気で思いました。
人それぞれ印象は違うと思いますが、前述のように個人的な印象だけで言えば、確実にBD最高と言える画質。

▼アリスの弱体化
超能力も使えます、という前作までのアリスの超人っぷりは流石にインフレどころではなかったので、
冒頭でウェスカーに血清を打たれて普通の人間と同じ体になりました、という展開は良かったです、
身体能力は相変わらずの超人っぷりでしたが、少なくとも超能力が無くなっただけでも展開的に好印象。
当たり前と言えば当たり前ですけど、シリーズが続いて、主人公や主要キャラがある程度以上強い場合、
どうしてもピンチの場面を作りづらいので、何かしら負荷をかけるのは必要ですけど、この展開は良い感じ。
映画のバイオしか知らない人にしてみればアレかもしれませんが、ゲーム版のファンからすれば
「ウェスカーにやられた」というのであれば納得が出来ますし、この弱体化が一番「これなら仕方無いか」
と思える弱体化だと思うので、弱体化のさせ方としても結構良かったんじゃないかなと。
強いて欲を言えば、結局人間並の性能になっても、最初のヘリの場面でアリスが震えながら銃を持つとか、
そういう描写こそあれど、結局アリス自身にピンチらしいピンチが訪れなかったので、ソコが不満でしょうか、
折角の弱体化が展開に意味を持たせてなかったうえに、アリス自身もソレを恐怖に感じる局面が無く。

▼シリーズの中で最もゲームに近い
1と3は映画独自の展開で、2がゲーム版のファンを意識した構成でしたが、今回の4はゲームとの類似点が。
劇場版公開時の2010年時点でのゲーム版最新作5、その5からの出展が非常に多かったなという感じでした。
マジニに始まり、処刑マジニ、ジルの胸についていた例のアレ、ラストのウェスカー戦。
5とは関係無いですが、刑務所内での展開も、全体的にゲームの…特に2や5らしい展開だなという印象。

▼実際ゲーム版の設定導入は良かったのかどうか?
失礼を承知で言えば、今回の内容も前作同様シナリオは無いようなものだったので、深く考えては
いけないのかもしれませんが、ゲーム版の要素が多かっただけに、当然ゲーム版のファンは最初こそ「お」
と思うとは思うんですが、逆に本当にそれが良かったのかどうか。
例えばジルについていた赤いアレ、この劇場版ではクレアについており、最終的にはアルカディアで
捕まっていた人全員?にも付けられていたようですが、ゲーム版と違いいとも簡単に剥がす事が可能だったり、
その辺りはどうなのかなーと、折角ゲーム版とリンクさせているのにいきなり意味が無いというか。
ラストのウェスカー戦も、クリスとクレアが揃ってウェスカーと相対する、というベロニカ完全版以来の展開で、
ウェスカーもソレっぽいセリフを喋っていたのに、特にベロニカファンが盛り上がるような展開も無く。
逆に、コレはゲーム版をプレイしているからこそ思う事なのかもしれませんが、今回はゲーム版の要素が
多かったにも関わらず、ゲーム版のファンを喜ばせる為の設定や展開、というのが無かった気がしました、
言葉は悪いですがお祭り作品なんかにありがちな「とにかく出しただけ」的な印象が。
とはいえこの辺りは難しいですよね、誰もがゲームをプレイしているわけではないですし、
別に映画版がゲームとリンクしているわけでもないですし。
ただ処刑マジニに関しては、ゲーム版を遥かに超えていると感じたので、処刑マジニは良かったです。

▼感想まとめ
一言で言えば非常に評価の難しいタイプの作品、という印象を受けました。
個人的にアクション映画はあまり見ないので何とも言えないんですが、恐らくアクション映画としては及第点。
あまり見ないくせにこんな事を書くのはアレですが、アクション映画は脚本よりアクションだと思うので、
それだけで考えると、今回の4は前作同様、アクション映画として考えると十分な内容だったのではないかなと。

逆に「劇場版のバイオ」「ゲーム版に近付いたバイオ」で考えると、結構評価の高い感想が多いらしいですが、
個人的にはやはりどうなのかなーと、正直なところ内容的には前作同様無いと言っても過言ではありませんし、
ゲーム版の設定を導入しつつも、説明不足すぎたり、前述の胸の赤い装置を見ても分かるように設定が
違うのではないか、と思ってしまうレベルのモノがあったり、相変わらずクレアはゲーム版とは別人だったり、
ゲーム版を知っていれば知っている程どうかと思う場面が。

あとは3D、実際に3D版を見れば感想も変わるかもしれませんし、元々3Dをメインとして制作されたそうなので、
2D版しか見ていないくせに文句を言うのは完全に筋違いなんですが、あまりにも3Dでの映像を意識した
「画面中央に向かってゆっくり飛んでくる」という映像が多すぎるのは流石にどうなのかなと思いました、
更にスローモーションを多用しすぎで展開が間延びしすぎな印象。
実際に3Dで見れば「これは凄い」と思うのかもしれませんが、普通にスローや画面中央を使わず、
普通にアクションとして見せてくれた方が…少なくともアクション映画としては良かったんじゃないかな、と。

バイオとは関係の無いところで言えば、今回笑わせて頂いたのはウェントワース・ミラー演じるクリスの登場。
登場、用意された展開、吹き替え版限定で喋り方と声、狙ってるんでしょうけどあまりにもプリズン・ブレイク。

映画としてのバイオは続くと思いますし、見ている時は結構楽しめているものの、個人的にはどんどん微妙に、
という印象が何とも拭えないです、見ている最中は楽しめても感想の段階になると微妙に感じる典型というか。
見ている最中はそれなりに楽しめてるんですが、何故か見終わった後に振り返ると「うーん…」という感想に。
今回はスローを多用しすぎていたのが気になりました、肝心の戦闘が微妙に思えてしまうのは残念な限り。
とは言いつつも、毎回それなり以上に楽しませて頂いてますし、何より今回は処刑マジニだけでも見ておくべき。

2011-01-12 : 映画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

バテン・カイトス 短時間プレイその11

【バテン・カイトス】短時間目指して気合と根性 part.11【実況プレイ】



短時間プレイの続きをアップしました、今回は飛空戦艦ゴルドバ~仲間救出前まで。
珍しく今回は、前回の動画をアップした際に「次回は9~11日のどこか」とアップ日を告知して、実際11日の時点で動画は既に完成、
あとはもうエンコしてアップするだけ、というトコまで来ていたのに、まさかのエンコミス連発で12日になってしまった、
という個人的に苦いpart.11です、少なからず見て頂いている方が居るようなのに、アップ日を守れなくて非常に申し訳ないです。
しかもアップしたらアップしたで、今度はニコニコ自体がシステムダウンやらなんやらでバグ連発という惨事。
2011-01-12 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

アデル ファラオと復活の秘薬



アデル/ファラオと復活の秘薬 ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

監督:リュック・ベッソン
出演:ルイーズ・ブルゴワン
参考価格:¥4,935
価格:¥2,015

発売日:2011.01.07
レンタル版BDで鑑賞、画質は結構綺麗で高精細、特に地面だったりの背景は半端ではなく綺麗。
劇場での公開当事、CMも映画紹介番組も、さも「女性版インディ・ジョーンズ!」だったり、
エジプトという事でハムナムプトラの流れを汲むアクション・アドベンチャーの最新作、といった宣伝で
推されてましたけど、実際の内容としてはコメディという印象でした。
なので、そういった冒険活劇的な内容を期待していると肩透かしを食らうというか、よくあるケースですけど、
こういう一部分のみを強調した誇大宣伝はホントやめてほしいですよね、そういう展開もあるので嘘は
言ってませんけど、結果的に作品の評価を落とすだけの気が。

▼非常に気合の入った美術
前述のインディ・ジョーンズやハムナプトラ、そして今回のアデルのように、冒険活劇展開の最中に登場する
古い遺跡だったり、そういったトレジャーハンター的な展開で登場する昔の棺、宝石、様々な装飾品。
子供の頃から現在に至るまで、誰しも一度は見ていて胸を躍らせた事があるかと思うんですが、
そういった調度品関連の美術が、とにかく凄いなと思いました、細部まで丁寧に作りこまれているうえに、
非常にリアルな存在感で見せているなーと、前述のようにコメディ色のほうが強いのに、よく作りこんだなと。
残念ながらエジプトでの描写が数分間しか描かれなかったものの、棺だったりがこだわって作られていた印象。
終盤大活躍のミイラも細かく作られていたので、今のこの技術力でハムナプトラを見てみたいなと思ったり。

▼感想まとめ
やはり宣伝で紹介されていたような冒険活劇として期待していた事もあり、正直に言えば残念な内容でした。
本編がコメディだった点に関しても、間違って死刑囚ではなく別の人物がギロチンにかけられ首が飛んだり、
翼竜を退治する為に呼ばれた専門家が「コメディらしいギャグ」ではなく「最初からギャグを狙ってる」
としか思えない扱いだったり、こういった「笑い」というのは国によって違いますし、感性の問題も
勿論あるとは思うんですが、個人的にはあまり楽しめませんでした。

主人公のアデルのキャラクター自体は結構良かったと思います、勝気な性格も良かったですし、
結構平気で暴言を吐くものの、アニメや漫画ならともかく、実写での暴言キャラってあまり居ませんでしたし、
居ても狙いすぎて浮いてたり、という事が多かったので、違和感無く見せれていたのには好印象。
終盤のパートナーのパトモシスも中々イイキャラをしていました、いきなりくしゃみをしてガラスを破壊したり、
お茶を入れたりと、本編よりむしろこういったパトモシスとアデルのやり取りのほうがコメディとして笑えた気が。

妹アガットに関しても悪くなかったと思います、事故が起きた発端の展開が別の意味でギャグでしたが、
普通に遊んでいただけなのに、アデルのせいでアガットは…状況的には植物人間でいいんでしょうか、
そうなってしまったが為に、妹を救う為に5年も頑張っていたり、アデルに関してはコメディやギャグを抜きに、
妹の為にミイラを持ち帰ったり、教授を留置場から逃がそうとしてたと思うので、その辺りも悪くはなかったなと。

全体的に、メインキャラ三人に関しては良かったと思います、キャラも立っていたので会話の絡みも面白く。
いかにも冒険活劇モノである事を前面に押し出した紹介が全て悪かった、という感じでしょうか。
コメディと言っても差し支えない本編も、ノリや雰囲気が合わない人は楽しめないでしょうし、個人的にも微妙。
宣伝でも推されていたエジプトでの冒険シーンに関しては面白かっただけに、その路線で見たかったなーと。
最後に休暇で旅行へ旅立ったアデルの乗った船がタイタニック号だった、のオチはコメディとして大成功ですが。

2011-01-08 : 映画 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

バテン・カイトス 短時間プレイ番外編

【バテン・カイトス】短時間目指して気合と根性 part.10.5【実況プレイ】



短時間プレイの続きではなく、おまけ的な動画をアップしました。
費やした時間自体は烈火刀の7.5と然程変わらないんですが、こちらのほうが個人的には疲れました。
2011-01-08 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

バテン・カイトス 短時間プレイその10

【バテン・カイトス】短時間目指して気合と根性 part.10【実況プレイ】



短時間プレイの続きをアップしました、今回は幻影都市バランソワール~飛空戦艦ゴルドバ突入前まで。
相変わらずミスは多いものの、個人的にミラは非常にテンポ良くプレイ出来たんじゃないかなと思います。
強制戦闘もスライムのみだったおかげで、いわゆる「狙ったマグナスを落としてくれるまで戦闘しまくってリセット」
という作業プレイをせずにすんだのも良かったです、逆に言えば、だからこそミラは1時間切りたかったトコロ。
2011-01-05 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

バテン・カイトス -終わらない翼と失われた海- 短時間プレイ 8



▼ミンディール船内
シェラに話しかける→リュードに話しかける→サヴィナに話しかける→ギバリに話しかける→ゴルドバ襲撃イベント
仲間全員に話しかける→甲板へ出てイベント→船内へ戻りシェラに話しかける

ゴルドバ襲撃前の会話に関しては、ギバリ以外は順不動なものの、この順番で話しかけるのが一番流れとしてスムーズだと思います。
船内は特に広いわけでもなく、マグナスが落ちているという事も無いので、特に迷わずいけるかと思います。
最後にシェラへと話しかけた後はミズチさまの後を追いかけるシューティングゲームの開始です。
ここは特に戦う必要も無いので、全ての敵を撃墜して10枚のマグナスを回収、ボスのグノーシスとの勝負、という感じでしょうか。

▼ボス戦 グノーシス 所要時間 6分41秒
無属性以外の全ての属性に対して50%の耐性、闇属性に至っては完全無効化となる100%の耐性を持っているグノーシス。
なので、属性攻撃が主体のシェラは外して、リュードやサヴィナを入れてみるというのも一つのやり方かなと思います。
迂闊にもその考えがプレイ当事一切無かったので、実際にリュードやサヴィナを入れてみたらどの程度のタイム縮小を狙えるのか?
に関しては何とも言えませんが、やり方としては十分有りかなと思います、それかシェラは思い切って回復担当にするとか。
余談ながらこのグノーシス、バテンの「ボス戦は全滅してもプレイ時間が加算されない」という仕様を利用して、
まずは一度全滅する事をオススメします、直前のシューティングで、グノーシスに有効な無属性のグリーンオークだったり、
水属性ではあるもののアクアバースト3やクリスタルエッジを入手出来ているので、それらを入れてから戦闘開始、で。

▼お菓子村パルナス
少し歩くとイベント→右の家(ティソッコ工房)へ入る→隣の家(ドネラ工房)へ入りチョコ練り機の男に話しかける
ティソッコ工房のトマト左のツボからミラクリームを入手→ドネラ工房のチョコ練り機の男に話しかける
ドネラが視線を外している間にチョコ練り機を調べてミラチョコを入手→ティソッコ工房でトリルに話しかける

コモ・マイ並に行ったりきたりで面倒なパルナスですが、イベント自体は小刻みに進行しますし、イベントが発生する場所自体が
隣り合った工房なので、文字として見ると面倒なものの、実際のプレイ時間自体は結構早くすむ一連のイベントです。
イベント終了後はお店へ行って買い物です、写真を売ってアクアバースト3と豚バラを購入。
ギバリの装備品も欲しいところですが、金額的な事を考えると正直まだ買えません、後で回収します。
店を出た後は教会でカラスのクラスアップ、コモ・マイでのレベルアップとの兼ね合いで、上げていない場合はここでレベルもアップ。

▼不思議庭園デトゥルネ
ドルアーガの塔のスライム三匹のみ強制戦闘

旧魔法図書館同様、攻略の手順に関しては面倒なので割愛させて頂きたいんですが、戦闘自体は上記スライムのみです。
実際は強制ではないものの、倒さないとゴールドマトックを落としてくれないので、結局全滅させるハメになります。
スライム自体のドロップマグナスとしては牛タンかプリンのどちらかでしょうか。
金銭的な事を考えると、三回戦ったうちの二回は写真を入手しておきたいので、最初の戦闘で牛タンかプリンを入手。
攻撃力を考えると牛タンが魅力的なんですが、そろそろレベルも上がって最大HPも高くなってきているので、
一気にHPを400回復出来るプリンも非常に魅力的です、現状の回復マグナスだとちょっと回復量が心許なくなってきてますし。
道中で入手を推奨したいマグナスは、ギバリの必殺技ワールヒットのみです、あと時の呼鐘入手の為に澄んだ水を余分に一つ回収。

▼ボス戦 ビッグマグナス 所要時間 8分13秒
グノーシスと違い100%の耐性こそ無いものの、無属性以外の全ての属性に対して50%の耐性を持っているビッグマグナス。
ダメージを800与える度に四隅が欠けていくので、どの程度のダメージを与えているのか、を確認しやすいという点では助かるものの、
個人的にこのビッグマグナスにはコレといった攻略法が思い当たらず、とにかく時間がかかった印象しかありません。
ビッグマグナス自体の火力が低い事もあって、普通にやっていればまず負ける事は無いものの、とにかく時間がかかります。
何度か試したところ、非常にマグナスの引きが良くて、尚且つ草もちも最初にカラスへ使う事が出来て、とにかく運が異常に良かった、
一度だけそういうケースがあったんですが、それでも6分10秒かかってました、異常に運が良くて6分10秒。
勿論、グノーシス同様リュードやサヴィナを有効活用してみたり、色々方法はあるかと思うんですが…個人的には嫌なボスの一つ。

▼お菓子村パルナス
サヴィナに話しかける→シェラに話しかける→リュードに話しかける→ギバリに話しかける

ミンディール船内同様、ギバリ以外はどういう順番で話しかけても構わないんですが、この順番が一番スムーズです。
マグナス的には、サヴィナの背後のタンスからクロノスアーマー、ギバリの後ろのキッチン?から血のしたたる牛肉を入手。
パルナスへ戻ってすぐのイベントで精霊選択肢がありますが、例によって上でOKです。

▼絵本村レヴェランス
道中のデトゥルネで幻草を回収→レヴェランスの橋を渡った左の住人に二度話しかけて幻草を渡す→占いの館へ行く

まず無いとは思いますが、幻草は入手から10分で消滅してしまうので、消えてしまわないように注意が必要です。
レヴェランス自体にはコレといった事は何もありません、イベントを消化し終えた後にお店へ入る、というぐらいでしょうか。
写真を売って、草もち、彫刻刀、ライトフレア3、この辺りを購入してデッキ強化を図るといった感じです。
あと、この時点でカラス達のレベルを4個あげれますので、個人的にはここでのレベルアップを推奨したいところです。

▼精霊の社ネクトン
強制戦闘は無し

入ってすぐの精霊選択肢はやはり上でOKです、少し感慨深げなカラスを楽しみましょう。
入手マグナスとしては、風神剣と斬水、この二つだけでしょうか、火影のローブと交換してもらえるかんむり座のマグナスも
あるにはあるんですが、カニッパの動きにランダム性がありすぎて、タイムロスを考えるとそこまでのマグナスではないかなと。
ボス戦直前にセーブフラワーがあり、その目の前にある狭い道に敵が陣取っているケースが多々ありますが、
どういうわけかこの敵はデッキ編集中にも移動しているらしく、デッキ編集が終われば居なくなっている事がよくあります。
逆に、デッキ編集終了後に消えていない場合は、セーブしてリセットすれば初期配置に戻って消えているので、それでOKです。

▼ボス戦 シークリー 所要時間 3分10秒
語る事が一切無いぐらい弱いです、とにかく弱い、下手をするとここまでのボス戦で一番弱いんじゃないか?と思うぐらい弱いです。
麻痺にさえ気をつけて、尚且つカラスが常にストレートでプライズ出来るマグナスの引きだった場合は、冗談抜きで3分を切れます。
あと、この辺りからカラスは上手くプライズを絡めると1000以上のダメージを叩き出す事が出来るようになるので、
短時間を狙う以上はプライズを狙いたいところでしょうか、極端な話何度リトライしてでも最初はまずストレートプライズ。
2011-01-02 : 短時間プレイ バテン・カイトス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

バテン・カイトス 短時間プレイその9

【バテン・カイトス】短時間目指して気合と根性 part.9【実況プレイ】



短時間プレイの続きをアップしました、今回は不思議庭園デトゥルネ~シークリー撃破まで。
デトゥルネは旧魔法図書館同様、あっちへ行ったりこっちへ行ったり、というだけの映像だったので、思い切って編集で倍速、
ココリスまで収録してミラを一気にクリア、にした方が良かったかなとも思ったり。
テストプレイの段階でなんとなくの目安はつくものの、実際に編集してみると結構時間が前後するのが厄介ですよね。
2011-01-02 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

今日から2011年

新年あけましておめでとうございます、正直大晦日も元旦も仕事だったので、全く普通の一日でした。
そういう方も結構居らっしゃると思うんですが、逆に年末年始は外が静かで、行き帰りは結構イイよなーとか思ったり。
今年もゲームの感想を中心に、何がやりたいのかよく分からないブログ、というテイストでいくと思います。
年末の場合「今年はこうでした」的な事が書けるものの、逆に年始は特に書く事が無いので、この辺りで挨拶は終わりという事で。
では、こんなブログでもよければ、今年もまた宜しくお願い致します。
2011-01-01 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

ざくろ

Author:ざくろ
現在プレイ中のゲーム
据置機 FINAL FANTASY XII TZA
携帯機 
zakuromt@yahoo.co.jp

ツイッター

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

今月鑑賞予定映画

8.11 スパイダーマン:ホームカミング


8.12 海底47m

8.19 ベイビードライバー

8.25 ワンダーウーマン

今月のオススメ

個人的オススメ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

来客者様

フリーエリア